ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 「県民ホットライン」過去のデータ(月別) > 「県民ホットライン」2018年11月分(月別) > 松本の朝鮮学校補助金交付について

ここから本文です。

更新日:2018年12月28日

松本の朝鮮学校補助金交付について

ご意見(2018年11月14日受付:Eメール)

上記の件、長野県及び松本市はいまだに補助金交付を存続しているようですが一刻も早い廃止を望みます。朝鮮学校の指導内容は容認できません。県が廃止すれば松本市も廃止すると予想されます。毅然とした対応を希望します。

回答(2018年11月21日回答)

長野県県民文化部長の角田道夫と申します。
「県民ホットライン」にお寄せいただきました、朝鮮学校に対する補助金に関するご意見について、私からお答えさせていただきます。

本県では、小・中学校の修学年齢に相当する外国籍の児童生徒に対して教育を行っている外国人学校については、私立外国人学校補助金交付要綱を設け、補助を行っており、現在、長野朝鮮初中級学校がこの補助金の交付対象となっております。

この補助金の交付にあたっては、毎年度収支予算・決算書の提出を求め現地調査を行い、学校法人の運営状況などを確認しているところですが、今後も現地調査等を通じて教育内容や学校運営に関する状況等を精査した上で、実際に学校で学んでいる児童・生徒への影響も十分に考えながら対応してまいります。

以上、ご意見への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、私学振興課長:布山澄、担当者までご連絡くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

【問合せ先:県民文化部私学振興課/電話026-235-7058/メールshigaku(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:教育・文化)(月別:2018年11月)2018000909

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?