ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 「県民ホットライン」2019年2月分(月別) > 発達障がい児の親からの意見について

ここから本文です。

更新日:2019年3月29日

発達障がい児の親からの意見について

ご意見(2019年2月19日受付:Eメール)

4月より、小学校入学になる発達障がいの子を持つ親です。
1.特別支援教育就学奨励費についてです。低所得者対象の就学援助と特別支援教育就学奨励費は併用できないとの事ですが、「低所得」かつ「発達障がい児」かつ「ひとり親」という制度が縦割りになっている中で、この3点のどの分野でも親がめいっぱい状態であるのに、1つの苦労の人と3つの苦労の人は同じステージとは、親子心中レベルです。いろんなものを義務教育課程で用意するよう細かく指示されている中で、ランドセルだけでもどんなに安くても2万円下るものはありません。体操着でも1セット揃えれば1.5万。指定シューズ、傘2本、指定給食着、帽子、学校に置いておく外履き靴、ノート、えんぴつ類、筆箱、バッグ(リュックタイプ・上履き入れ、コップ入れ)最低限これだけ揃えても安く見積もって5万円はかかります。ランドセルの相場4万円ですのでもっとかかります。ひとり親でフルタイムでやっと働いていれば、放課後保育も利用しなければなりません。発達障がいのため、児童館までの自力移動が困難となれば、敷地内の学童を利用するほかないです。(身寄りがない一人親家庭では放課後の送迎は無理です)どこまで見えていますか?縦割りだから関係ないですか?離婚は自己責任なら他県の子みたいなDVがあって離婚した場合、援助がなければ子どもの安全な生活は守れませんよね?併用できる事項はないのでしょうか?長野県独自の対応はないのですか?発達障がい児と低所得者が縦割り管理なら、援助も別々に受けられるようにしてほしいです。年々物価や必要品の金額は上がっています。
2.長野県発達障がい支援センターのページは全く中身がないです。マークやら報告やらの報告だけで、具体的にどんな支援をどこでどのようにできる、こんな事例があった、などもっとわかりやすい内容にしてほしいです。決まりきったありきたりの内容で、ネット検索すれば出てきそうな内容しかありません。次世代育成課のリンクは手帳の説明です。もっと有益な情報を発信してほしいです。
以上、具体的な回答を求めます。よろしくお願いいたします。

回答(2019年2月27日回答)

長野県教育委員会事務局教育次長の轟寛逸、長野県県民文化部長の角田道夫と申します。
県民ホットラインにお寄せいただいた、就学支援等に関するご意見・ご質問にお答えいたします。なお、回答が遅くなり、申し訳ございません。

発達障がいのお子様をおひとりで育てていらっしゃる中での困難さや心配事、小学校入学に際しての経済的負担などについて、切実なお気持ちを受け止めております。

すでにご確認されていることと思われますが、就学援助費と特別支援教育就学奨励費につきましては、原則、併用が認められていないこととなっておりますので、何とぞ、ご理解願います。ただし、市町村により取組が異なりますので、お住まいの市町村教育委員会に御事情を説明され、お子様にとってより望ましい方法等について御相談されては、いかがでしょうか。
また、就学援助費、特別支援教育就学奨励費と併用できる制度としては、児童を養育しているひとり親家庭への支援である「児童扶養手当」、障がいのある児童を養育している家庭への支援である「特別児童扶養手当」の支給制度がありますが、ご利用いただいておりますでしょうか。
この二つの手当は併給が可能となっており、特別児童扶養手当の支給を受けた場合は、児童扶養手当の対象年齢が18歳から20歳未満へ延長されます。
いずれも、当該市町村福祉担当課が窓口となっていますので、支給要件や申請方法などは担当窓口にお問い合わせください。
また、当該福祉担当課では、母子・父子自立支援員が、生活全般の相談を受け付けていますので、おひとりで悩まずにご相談いただければと思います。

次に、長野県発達障がい者支援センター等ホームページに関するご意見についてです。
ご指摘いただきましたとおり、掲載内容について情報が不足している部分もありますので、他の都道府県発達障がい者支援センターホームページなども参考にしながら、より分かりやすく充実した情報発信の場となるよう改善していきたいと思います。この度は、貴重なご意見をいただきありがとうございました。

以上、ご意見・ご質問への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、就学支援等に関しましては、教育委員会事務局教育政策課長:尾島信久、担当:企画係、長野県発達障がい者支援センター等ホームページに関しましては、県民文化部次世代サポート課長:高橋功、担当:次世代支援係までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:教育委員会事務局教育政策課/企画係/電話026-235-7423/メールkyoiku(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

【問合せ先:県民文化部次世代サポート課/次世代支援係/電話026-235-7208/メールjisedai(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:教育・文化)(月別:2019年2月)20180001173

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?