ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 「県民ホットライン」2019年3月分(月別) > 小学校の春休みについて

ここから本文です。

更新日:2019年4月26日

小学校の春休みについて

ご意見(2019年3月11日受付:Eメール)

小学校の春休みが、20日近くあるのを知事さんは、ご存知でしょうか。これは、高校の入試合格発表が早すぎるためです。そのため中学校の卒業式、小学校の卒業式が、前倒しになるのです。他県と比較しても長すぎます。高校改革をすれば解消されます。

回答(2019年3月18日回答)

長野県教育委員会事務局教育次長の轟寛逸と申します。「県民ホットライン」にお寄せいただきました「小学校の春休み」に関するご意見につきましては、知事も拝見いたしますが、回答は担当部局から行うことにしておりますので、私から回答いたします。

いただいたご意見を拝読いたしました。小学校の春休みが長い理由について、「高校の入試合格発表が早すぎるため」と分析されておられますが、長野県の高校の後期入学者選抜の合格発表日については、前期選抜、後期選抜、再募集、追加募集の日程等を考慮し、例年3月20日前後に設定しており、これは全国的にも標準的な日程であります。
県教育委員会といたしましては、年度内に入学予定者を決定し次年度の準備をする上でも大幅な変更はできないのが現状でございます。

一方で、貴殿ご指摘のとおり、本県ではそれぞれの小・中学校長の判断により、県立高等学校の入試合格発表日に合わせて学校の卒業式の日程を定めているところが慣例的に多く、県教育委員会といたしましても、春休みの期間が、他都道府県と比較すると長期間になる学校があることは承知しております。
今年度、県教育委員会が行った「夏休み期間のあり方検討委員会」においても、小・中学校の春休みが他県に比べて長いことが話題になり、他県にならって卒業式後に授業日を設ける等、高校入試の合格発表日によらず、春休みの短縮を実施する学校の取組を紹介したところでございます。今後は、夏休みの延長と併せて春休みの短縮を検討する市町村や小中学校が出てくることが考えられますので、何とぞご理解賜りますようお願い申し上げます。

以上、ご意見への回答とさせていただきますが、ご不明な点等ございましたら、義務教育課長:北村康彦、担当:管理係、高校教育課長:塩野英雄、担当:管理係、教学指導課長:佐倉俊、担当:義務教育指導係までご連絡いただきますようお願い申し上げます。

【問合せ先:教育委員会事務局義務教育課/管理係/電話026-235-7426/メールgimukyo(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

【問合せ先:教育委員会事務局高校教育課/管理係/電話026-235-7430/メールkoko(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

【問合せ先:教育委員会事務局教学指導課/義務教育指導係/電話026-235-7434/メールkyogaku(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:教育・文化)(月別:2019年3月)2018001213

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?