ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 「県民ホットライン」2019年3月分(月別) > 信号機のない横断歩道の車の一時停止率、長野県全国1位について

ここから本文です。

更新日:2019年4月26日

信号機のない横断歩道の車の一時停止率、長野県全国1位について

ご意見(2019年3月8日受付:Eメール)

ある調査で、信号機のない横断歩道で車が歩行者のために一時停止をどの程度するかを調査したところ、全国平均8.6パーセントであったところ長野県は、58.6パーセントで全国1位であったとニュースになっていました。しかも、3年連続だそうです。大変嬉しいニュースでしたので阿部知事に是非ともお知らせください。因みに2位は静岡県の39.1パーセント、3位は石川県の26.9パーセントです。

回答(2019年3月14日回答)

長野県県民文化部長の角田道夫と申します。

信号機のない横断歩道での車の一時停止率に関する情報をいただきありがとうございました。

長野県が信号機のない横断歩道での車の一時停止率で、全国平均を大きく上回り、3年連続1位になった理由として考えられることは、交通事故のない「安全で快適な交通社会」の実現を目指し、知事をトップとした長野県交通安全運動推進本部を設置し、警察や関係機関と協力して、「思いやり乗せて信濃路咲く笑顔」をスローガンに、四季ごとに行われる交通安全運動のほか、様々なPR啓発活動に努めている成果として、県民の皆さんの交通ルールの遵守と交通安全意識が向上していることによるものと思われます。

県民の皆様の優しい県民性と相まって、車両を運転する人が、思いやりをもって運転しているので、信号機のない横断歩道での車の一時停止率の向上につながっているものと考えています。

なお、知事も長野県が信号機のない横断歩道での車の一時停止率が1位ということを喜んでおり、引き続き交通事故の減少と、県民や長野県を訪れる全ての皆さんが安心して暮らせる社会の実現を目指して、長野県警察と連携して取り組みを進めてまいりたいと考えております。

以上、お寄せいただいた内容の回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、くらし安全・消費生活課長:古川浩、担当:交通安全対策係までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:県民文化部くらし安全・消費生活課/交通安全対策係/電話026-235-7174/メールkurashi-shohi(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:くらし・生活環境)(月別:2019年3月)2018001208

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?