ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 「県民ホットライン」過去のデータ(月別) > 「県民ホットライン」2019年6月分(月別) > 低空飛行について

ここから本文です。

更新日:2019年7月31日

低空飛行について

ご意見(2019年6月3日受付:Eメール)

夕方のニュースで米軍機の低空飛行の件を放送していました。
私は川上村に住んでいるのですが
川上村でも同じ光景と爆音がありました。
凄い音で驚き2階から見たのですが
群馬県側から2機低空飛行で千曲川沿いに飛んで行きました。
肉眼で確認し、調べたところ米軍の輸送機C-130だと思います。
佐久市周辺は本来飛行経路に入っていると思うのですが川上村が飛行経路に入っているのでしょうか?
何年か前までは1年に1,2回程山梨県側から群馬県側に低空飛行する自衛隊機ぐらいだったのですが、
一昨年昨年ぐらいから2ヶ月に1度程の割合で自衛隊機米軍機が低空飛行して行きます。年々飛行する数が増えてきているのですがあまりにも低空飛行の為日航機墜落事故の記憶が蘇り不安を覚えます。
国県市町村で把握していない飛行経路又は住民に開示していない飛行経路があるのではないかと不信感を抱いています。
今年はすでに自衛隊機米軍機を合わせ低空飛行している回数は2回です。次の時にはムービーを撮るつもりでいますが今日テレビで拝見した佐久市上空で飛行していたより低く肉眼で機種が分かる程でした。
早めに対処して頂き飛行経路の開示をして欲しいです。

回答(2019年6月10日回答)

長野県危機管理部長の竹内善彦と申します。
「県民ホットライン」にお寄せいただきました、「米軍機の飛行経路について」に関するご質問等についてお答えします。

貴殿におかれましては、このたびの飛行では、その騒音等により不安や恐怖をお感じになられたことと心中お察しいたします。

さて、お問い合わせのありました米軍機の飛行経路につきましては、今回の飛行に限らず、米軍から公開はされておりません。

安全保障に関する問題は、国が責任をもって対応するべきものと考えておりますが、県民や観光客の安全・安心に影響がある場合には、県として国に対し、日米合同委員会合意事項の遵守の要請等必要な対応をとっていくこととしております。

今回の飛行につきましては、県危機管理部へも目撃情報が多数寄せられたことから、防衛省北関東防衛局へ機体の所属について照会したところ米軍機であった旨の回答があったため、県危機管理監兼危機管理部長から防衛省北関東防衛局管理部長に対し、県民や観光客の安全・安心に影響を及ぼすことがないよう、次の事項について口頭要請を行いました。

1米軍機による飛行訓練等に関する情報を把握し、事前にできる限り速やかに提供できるようにすること。

2在日米軍に次の事項を強く求めること。
(1)米軍機は、県内の市街地やスキー場等観光地の上空の飛行を避けること。
(2)米軍機は、長野県上空を飛行する際は、飛行高度や区域等に関する日米合同委員会合意事項を遵守すること。
(3)県民や観光客に不安を抱かせることがないよう十分配慮すること。

今後とも、県民や観光客が不安や恐怖を感じるといった飛行が確認された場合には、国に対し、必要な対応をしてまいります。

以上、ご質問・ご意見への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、危機管理防災課長:柳沢秀信、担当:危機管理係までご連絡ください。

【問合せ先:危機管理部危機管理防災課/危機管理係/電話026-235-7408/メールbosai(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:その他)(月別:2019年6月)2019000125

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?