ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 「県民ホットライン」過去のデータ(月別) > 「県民ホットライン」2019年6月分(月別) > 公衆衛生を担当する部署や法整備について

ここから本文です。

更新日:2019年8月30日

公衆衛生を担当する部署や法整備について

ご意見(2019年6月5日受付:Eメール)

近所に空き家があり、雑草が伸び、生活ゴミが山積み、蚊も大量に発生している。猫は野良と化しており糞やネズミの死骸を他人の家に置いていき大変不衛生。
県の保健所に繰り返し相談しても、ろくに調査もされないばかりか、「保健所では何もできないので市町村の担当課に相談してください」と言われた。
市町村の担当課にその旨相談すると「保健所にしか権限がないんです」と言われ相談は受けてもらえなかった。
県や市町村といった行政機関が責任のなすり付け合いのようなことをやっていていいのか。公務員という人種はプロ意識というものを考えたことがないのではないか。
公衆衛生は人間の命に関わる業務であるのに、いい加減すぎる。

蚊やゴミ放置といった空き家問題もさることながら、ことさら猫に関しては法律が甘すぎる。近年は猫によるトキソプラズマやマダニ感染により重篤な健康被害が報告されている。
室内飼いをしない、野良猫への餌やりや飼い猫の置き去りなどをする人間にすぐに対応できるように命令系統を改善しなさい。

空き家に関しては他人が放置したゴミや雑草、そして放火や倒壊の危険がある建物に永遠に脅かされなければならないのか。行政として対応できることはないのか。

回答(2019年6月13日回答)

長野県健康福祉部長の大月良則、長野県建設部長の長谷川朋弘と申します。
「県民ホットライン」にお寄せいただいたご提案について、3点に分けてお答えします。
はじめに、相談先のご照会等に対し、明確な回答が得られずご不快なお気持ちにさせてしまったことについて、お詫び申し上げます。

猫など動物の飼養管理における指導については、保健所が動物の愛護および管理に関する法律(以下、動物愛護管理法と表記します)を所管しております。一方、家主がいない家による住宅やそれを取り巻く生活環境に関わる相談については市町村が担当となっています。

【動物について】
まず、猫に関してご指摘のありました「室内飼いをしない」「野良猫への餌やり」「飼い猫の置き去り」についてお答えします。
「動物愛護管理法」及び「家庭動物等の飼養及び保管に関する基準」において、「猫の屋内飼養に努めること」とありますが、室内飼養は義務ではなく、野良猫への餌やりも禁止されていません。しかしながら、飼い主は適正に飼養するために必要な感染症予防、終生飼養、繁殖制限等に努めなければならないこととされています。また、ご指摘の猫の置き去りが「遺棄」にあたる場合は、動物愛護管理法違反として罰せられることもあります。
以上について、保健所の対応としましては、まず現状を把握するための調査を行うとともに、所有者やえさを与えている人に適正に飼養するよう助言・指導を行います。具体的な助言・指導内容としましては、室内飼養すること、不妊去勢手術を行うこと、やむを得ず外に出す場合は近隣に迷惑をかけないよう配慮すること、所有者明示を行うこと等です。
また、野良猫による課題に対して、全国的に取り組みが進んでいる対策として「地域猫活動」があります。これは、行政と地域ボランティア、自治会、地域住民が協力してエサやりやトイレの世話、不妊去勢手術を行うことにより、環境被害を減らすとともに、野良猫の数を徐々に減らすというものです。保健所において、自治会等への説明を行うことも可能ですので、必要があれば最寄りの保健所にお問い合わせください。

【空き家について】
次に、「空き家」の管理についてお答えします。
建物の所有者や管理をされている方には、近隣に迷惑を掛けないように管理する責任があります。行政として対応できることは、適正に管理されない空き家につきましては、空き家の所在する市町村がその所有者や管理をされている方に対して、「空家等対策の推進に関する特別措置法」に基づき、環境を整備するよう、口頭や文書により改善の指導等を行うことが可能です。

【生活環境について】
また、「雑草」や「生活ごみ」、「生活害虫」等の生活環境について、何度もお問い合わせいただくことのないよう、こちらから所管する市町村担当課に確認したところ、「個人の所有地内のものを市町村で処理することはできませんが、所有者に対し生活環境を整備するよう、手紙等により指導することは可能」とのことでした。

以上、ご提案への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、動物については、食品・生活衛生課長:吉田徹也、担当:乳肉・動物衛生係、空き家については、建築住宅課長:小林弘幸、担当:建築企画係までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:健康福祉部食品・生活衛生課乳肉・動物衛生係/電話026-235-7154/メールshokusei(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

【問合せ先:建設部建築住宅課/建築企画係/電話026-235-7339/メールkenchiku(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:保健・医療・福祉)(月別:2019年6月)2019000132

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?