ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 「県民ホットライン」2019年7月分(月別) > 松本空港について

ここから本文です。

更新日:2019年8月30日

松本空港について

ご意見(2019年7月29日受付:Eメール)

国際線は台湾便を入れてください
国内線は沖縄本島や石垣島等の直行便の就航を入れてください。季節限定でもいいです。
北海道や福岡便はあるが季節限定版があれば利用したい。
国際線は韓国との確執があるので、親日の台湾便は近いし治安も良く更に日本人に対して友好的です。
県内の高校の修学旅行では、交流も兼ねて中部国際空港から台湾に行っている、松本空港から便が出れば、便利で安く短時間で便利更に各高校の修学旅行が増大し飛行場の活性化に繋がると思います。

回答(2019年8月5日回答)

長野県企画振興部長の伊藤一紀と申します。

「県民ホットライン」にお寄せいただいた、信州まつもと空港の就航路線に関するご意見についてお答えいたします。

このたびは、貴重なご意見をいただき、誠にありがとうございます。
信州まつもと空港は県内唯一の空の玄関口であり、就航路線を拡充し、利用者の利便性を高めることは大変重要だと考えています。

県としましても、平成28年に取りまとめた「信州まつもと空港の発展・国際化に向けた取組方針」に沿って、「国内路線の拡充」及び「空港の国際化」に重点的に取り組んでおります。

国内線の定期便については、札幌(新千歳)便と福岡便に加え、このたび10月から神戸便が就航することになりました。
また、季節便については、7月12日から9月24日まで札幌(丘珠)便が、8月の1カ月間は大阪(伊丹)便が就航しています。

このほか、チャーター便を利用したツアーの造成を県内の旅行会社などに働きかけており、これまでも、ご提案いただいた石垣島のほか宮古島にチャーター便が就航しています。
今後も観光やビジネスなどの需要動向をにらみながら、航空会社、旅行会社と連携して更なる路線の開設を目指してまいります。

また、国際線については、将来的に定期便の就航につながるよう、国際チャーター便の誘致を進めています。
台湾については、観光需要も多く、修学旅行・訪日教育旅行による交流の面からも、特に重要なマーケットとして、就航に向けた働きかけを継続的に行っているところです。

今後もより多くの皆様に信州まつもと空港をご利用いただけるよう、就航路線の拡充を図ってまいります。

以上、ご意見への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、松本空港利活用・国際化推進室長:岩下秀樹、担当者までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:企画振興部交通政策課/松本空港利活用・国際化推進室/電話026-235-7019/メールairport(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:交通)(月別:2019年7月)2019000220

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?