ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 「県民ホットライン」過去のデータ(月別) > 「県民ホットライン」2019年9月分(月別) > 非常勤職員のボーナスについて

ここから本文です。

更新日:2019年10月31日

非常勤職員のボーナスについて

ご意見(2019年9月27日受付:Eメール)

正職員との格差解消につなげるということですが、特別職非常勤の監査委員(選出)の方もボーナスが出るのでしょうか?
県議会議員の方等、他に収入やボーナスもある人達にまで支給されるなら、格差解消どころか、上級市民として格差拡大の条例改悪です。監査委員もボーナスをもらうようであれば、逆に県との独立性がなくなります。
いかがお考えか、監査委員の方の意見も踏まえてご回答願います。
※地方自治法が改正されたら、県条例も改正しなければいけないのですか?お役所仕事ではなく、税金の良い使い方を考えてください。

回答(2019年10月4日回答)

長野県総務部長の関昇一郎と申します。

「県民ホットライン」にお寄せいただきました非常勤の監査委員のボーナスに関するご質問についてお答えします。

特別職の非常勤である監査委員について、期末手当(ボーナス)を支給することとはしておりません。

今般の条例改正は、地方公務員法及び地方自治法の改正により、一般職の非常勤職員である会計年度任用職員制度が創設され、会計年度任用職員に期末手当を支給できることとなったことなどを受けて行うものです。

この改正により、これまで特別職の非常勤であった労働者性の高い職の多くが会計年度任用の職に移行することになりますが、監査委員については、地方公務員法では、引き続き特別職に位置付けられますので、期末手当(ボーナス)が支給される会計年度任用職員とはなりません。

以上、ご質問への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、人事課長:玉井直、担当:給与係までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:総務部人事課/給与係/電話026-235-7033/メールjinji(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:その他)(月別:2019年9月)2019000391

 

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?