ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 「県民ホットライン」過去のデータ(月別) > 「県民ホットライン」2020年4月分(月別) > 県庁職員のマスクの着用について

ここから本文です。

更新日:2020年5月29日

県庁職員のマスクの着用について

ご意見(2020年4月10日受付:Eメール)

訪庁したある人から聞いたのですが、「県庁にいる職員はみんなマスクをしていない。」
どういうことでしょうか?
新型コロナウィルスでマスクをして手洗いをしなさい。
という全国的にむしろ世界的に危機感をといっているときに、県民に指示を出さなくてはならない方たちが、揃いも揃ってマスク未着用とはどのような対応でしょうか?
それこそ危機感が無いのではないでしょうか?
知事も会見の時マスクをしていましたよね?
不特定多数の方が来庁されるであろう建物の中にいらっしゃるのに、、。
なにか理由があるのでしょうか?
マスク不足ですか?不足しているなら全員で作るとか。
県民に配っていますか?頂いていません!
それこそ全員で作るとか。
なぜでしょうか?

回答(2020年4月13日回答)

長野県総務部長の関昇一郎と申します。
県民ホットラインにお寄せいただきました、長野県職員の新型コロナウイルス感染症対策に関するご意見について、お答えします。

ご意見いただきましたとおり、新型コロナウイルス感染症の感染予防については、手洗い、うがい、咳エチケットの基本的事項を徹底することに加え、部屋の換気を十分に行い、接触感染と飛沫感染を防止することなどが重要と考えております。
長野県では、これまで職員に対し、危機意識を持って感染症予防対策を徹底して行うよう周知してまいりましたが、飛沫感染を防止する方法の一つであるマスク着用につきましては、県庁の窓口業務などの不特定多数の方々と接する職員には着用を義務付けており、その他の職員は体調等により着用することとしております。
御案内のとおり、現在、マスクは世界的に不足している状況であり、県民の皆様に大変な御不便をお掛けしているところですが、県機関におきましても入手困難な状況が続いているため、県の業務に必要なマスクは、組織内で工夫しながら、節約して使用しております。
また、飛沫感染の防止策として、マスク着用の他に、人と人との間に十分な間隔を空けることや、窓口をビニールシートで仕切りをすることなどの対策を進めており、今後とも新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の取組を強力に実行してまいります。

以上、ご意見への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、職員課長:武井新彦、担当:厚生係までご連絡いただきますようお願い申し上げます。


【問合せ先:総務部職員課/厚生係/電話026-235-7034/メールshokuin(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:その他)(月別:2020年4月)2020000175

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)