ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 「県民ホットライン」過去のデータ(月別) > 「県民ホットライン」2020年4月分(月別) > 県内の学校再開について

ここから本文です。

更新日:2020年5月29日

県内の学校再開について

ご意見(2020年4月2日受付:Eメール)

県知事の在宅勤務の決断、とても英断だと思います。歓迎いたします。
一方で、知事は在宅なのに、子どもは学校に通学し感染の脅威に曝されなければならなくなることについて、どうお考えなのでしょうか?
子どもや先生方にも持病を持った方がたくさんいます。持病を持った家族もいます。
学校再開について今一度思い直していただきたいです。

回答(2020年4月9日回答)

長野県教育委員会事務局教育次長の尾島信久と申します。
県民ホットラインにお寄せいただいた「新型コロナウイルス学校再開」に関するご意見に回答させていただきます。

学校の再開について、県教育委員会は、文部科学省のガイドライン等を踏まえながら、手洗いや咳エチケットなど基本的な感染症対策の実施、集団感染のリスクが高まるとされる3つの条件(換気の悪い密閉空間、多くの人が密集、近距離での会話や発声)を徹底的に避けることなど、学校再開に向けた様々な留意事項をまとめ、3月27日付けで県立学校長あて通知しました。

また、4月2日の新型コロナウイルス感染症対策専門家懇談会において、本県の感染者発生状況は、一斉臨時休業が必要とされるレベルの「域内まん延期」にいまだ至っていないとの認識が示されたことを踏まえ、万全の感染防止対策を講じたうえで県立学校の教育活動をスタートすることとしたところです。

しかしながら、近県における感染源が特定できない感染者の増加や7都府県への緊急事態宣言の発出を考慮し、今後2週間が感染拡大防止にとって重要であることから、4月8日、知事から地域の実情を踏まえ、学校の臨時休業を含め子どもの感染リスクを下げるためのさらなる取組の検討が要請されました。

これを受け、県教育委員会は、感染者発生地域を含む広域から感染リスクがある公共交通機関を利用して通学する県立学校の特性と学校における「3密」回避の徹底の必要性を踏まえ、4月10日(特別支援学校は10日又は11日)から24日まで、県立学校を臨時休業することとしました。臨時休業中は、学習に著しい遅れが生じないよう家庭学習を課す等の必要な措置を講ずるほか、分散登校などの工夫をしながら必要に応じて登校日を設け、児童生徒の学習状況の確認や生徒指導、健康観察等を行うなど適切な対応に努めてまいります。

市町村立学校については、設置者である市町村教育委員会の判断となりますが、県立学校の対応を参考としていただけるよう、情報提供しながら連携して対応してまいりたいと考えております。

本感染症対策に関しては、日々状況が変化しておりますが、県教育委員会では、引き続き文部科学省や厚生労働省、県健康福祉部及び県専門家懇談会等のご意見を踏まえながら、状況に応じた様々な感染防止対策を講じてまいりますので、御理解をお願いいたします。

以上、ご意見への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、保健厚生課長宇都宮純、担当:保健・安全係までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:教育委員会事務局保健厚生課/保健・安全係/電話026-235-7444/メールhokenko(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:教育・文化)(月別:2020年4月)2020000015

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)