ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 「県民ホットライン」過去のデータ(月別) > 「県民ホットライン」2020年7月分(月別) > 生活支援について

ここから本文です。

更新日:2020年8月31日

生活支援について

ご意見(2020年7月13日受付:Eメール)

今、コロナの影響で、仕事を探していますが、なかなか見つかりません。給付金の10万円だけでは、生活が大変です。再度の支援をお願いします。宜しくお願いします。

回答(2020年7月20日回答)

長野県健康福祉部長の土屋智則、産業労働部長の林宏行と申します。
新型コロナウイルス感染症の影響で生活にも大変大きな影響が出ておられるとのこと、ご心中をお察しいたします。
順次、ご質問にお答えします。

【生活費の支援について】
長野県社会福祉協議会では、新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業等となり生活資金が必要な方に対し、「緊急小口資金」及び「総合支援金」の特例貸付を実施しております。
「緊急小口資金」は、収入が減少し、緊急に一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯を対象に、20万円以内の貸付を受けられます。
「総合支援資金」は、収入の減少や失業等により日常生活の維持が困難な世帯を対象に、2人以上の世帯は月20万円以内(単身世帯は月15万円以内)で原則3ヶ月まで貸付を受けられます。
どちらの資金も無利子ですが、それぞれ貸付条件が定められており、申請の受付及び相談はお住いの市町村の社会福祉協議会となります。
詳しくは長野県社会福祉協議会ホームページにより御確認願います。
http://nsyakyo.or.jp/post-25.php
なお、県では、収入の減少によりこれらの資金の償還(返済)が困難な方に対して、国の償還免除の取扱いに加え、独自の基準を設けて、償還金の一部を補助することとしておりますので、償還(返済)の見直し等を含め借入について御相談ください。
詳細につきましては、長野県健康福祉部地域福祉課自立支援・援護係(電話026-235-7094)までお問合せください。

【就労支援について】
県では、新型コロナウイルス感染症の影響により失業された方等で、一般の就労支援で就職につながらず、就労支援が必要な方を対象に、生活就労支援センター(まいさぽ)や福祉人材センターの支援員等が緊急の就労支援を行う「緊急就労支援事業(県・市町村・県民連携)」を実施しております。この事業では、着実な雇用につながるよう、県と市町村、協力団体が共同して受入事業所に対し雇用期間中の人件費の一部を補助いたします。詳しくは、最寄りの生活就労支援センター「まいさぽ」又は(社)長野県社会福祉協議会相談事業部あんしん創造グループ(電話026-226-2035)までお問い合わせください。
また、人材紹介会社と連携して、各地域振興局に設置している「就業支援デスク」を強化し、給付金付職業訓練の提案や人手不足分野へのマッチングなど、お一人お一人に寄り添った就労支援を行う「コロナ対策緊急就業支援デスク強化事業」を8月上旬に開始する予定です。事業の詳細が決まり次第、ホームページ等を通じてお知らせいたしますので、しばらくお待ちいただきますようお願いします。
なお、今回ご紹介した事業につきましては、県の公式ホームページ(URLは次のとおり)に掲載してまいりますので、こちらもご覧ください。
https://www.pref.nagano.lg.jp/hoken-shippei/kenko/kenko/kansensho/joho/corona-support2.html

以上、ご意見に対する回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、下記担当者までお問合せください。
生活費の支援につきましては、健康福祉部地域福祉課長:山崎敏彦、担当:自立支援・援護係、就労支援につきましては、産業労働部労働雇用課長米沢一馬、担当:雇用対策係までご連絡くださいますようお願いいたします。


【問合せ先:健康福祉部地域福祉課/自立支援・援護係/電話026-235-7094/メールj-engo(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

【問合せ先:産業労働部労働雇用課/雇用対策係/電話026-235-7201/メールrodokoyo(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

 

(分野別:保健・医療・福祉)(月別:2020年7月)2020000818

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?