ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 「県民ホットライン」過去のデータ(月別) > 「県民ホットライン」2020年10月分(月別) > 県職員のボーナス減額について

ここから本文です。

更新日:2020年11月30日

県職員のボーナス減額について

ご意見(2020年10月28日受付:Eメール)

県職員のボーナス減額要請があったとニュースで拝見しました。
コロナの対策などで県職員の皆様は大変ご苦労されていることと思います。
私は一般企業に勤めていますが、一般企業のボーナスが減るからといって、それに合わせて県職員のボーナスを減らさなければいけないということに対して、「なぜ?」と思ってしまいます。
県職員の皆様が忙しくお仕事に取り組んでいらっしゃったのであれば、相応に報われていいと思いますし、経済を回すことを考えても、給料減額では長野県全体が元気がなくなるだけでは?と思ってしまいます。
私だけでしょうか。

長野県を盛り上げていくため、頑張ってお仕事されている方々のため、ボーナス減額を本当にするべきか、しっかりと考えて、ご検討いただきたいと思います。

回答(2020年10月29日回答)

長野県総務部長の関昇一郎と申します。

「県民ホットライン」にお寄せいただきました県職員のボーナス減額に関するご意見について、お答えします。

このたびは、県職員のボーナス減額を内容とする人事委員会勧告への対応について、長野県経済や県職員の士気への影響を懸念する視点からのご意見をお寄せいただき、誠にありがとうございます。また、私ども県職員に対する励ましのお言葉痛み入ります。

県職員の給与につきましては、地方公務員法の規定に基づき、社会一般の情勢に適応するよう、民間の従業員や国家公務員等との均衡を図ることを基本として改定が行われており、具体的には、毎年度、人事委員会において、民間企業の従業員の給与等を調査して県議会と県知事に勧告することとされております。

県職員の給与は、民間企業の給与の水準が上がるときも下がるときも、これと均衡を図っていくことが大事であると考えており、今後、知事が述べているように、この勧告を尊重して、しっかりと対応を考えてまいります。

今後とも、様々な県政の課題につきまして、引き続きご意見をお寄せいただきますようお願いします。

以上、ご意見への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、人事課長出川広昭、担当:給与係までご連絡くださいますようお願い申し上げます。


【問合せ先:総務部人事課/給与係/電話026-235-7033/メールjinji(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:その他)(月別:2020年10月)2020001128

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?