ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 「県民ホットライン」過去のデータ(月別) > 「県民ホットライン」2020年11月分(月別) > 松本空港ナイトランウェイウォークの募集について

ここから本文です。

更新日:2020年12月28日

松本空港ナイトランウェイウォークの募集について

ご意見(2020年11月5日受付:Eメール)

長野県知事 殿
交通政策課松本空港利活用・国際化推進室 殿
松本空港管理事務所 殿

突然の連絡大変失礼いたします。
先日実施されました松本空港ナイトランウェイウォークについてお伺いいたします。
私は、昨年に引き続いて家族と申し込みさせていただきましたが、残念ながら落選となってしまいました。来年以降もぜひ企画していただければ幸いです。

さて、参加された知り合いより耳を疑うような話を聞きましたので事実かどうかご確認させていただきます。

当日松本空港管理事務所の方が本人とその件について周りの方に聞こえるような大きい声で会話していたそうですので、事実かと思われますが、念のため確認する次第です。

開催日前日の10月30日に参加者のキャンセルが出たようで、開いた枠を特定の方に電話をかけて参加を要請したとのことです。

これが事実であれば、私たち家族も含め落選された方々の気持ちを大いに踏みにじる行為だと考えております。

落選された方を無視して優先的に参加させることが許されるのでしょうか?

まず、この件が事実かどうかお聞かせください。
事実であれば公表して公式にコメントを出すべき問題です。

誠意ある回答をお待ちしております。

回答(2020年11月12日回答)

長野県企画振興部長の伊藤一紀と申します。
「県民ホットライン」にお寄せいただきました、「2020スカイフェスティバルin松本 ナイトランウェイウォーク」に関するご質問についてお答えいたします。

このたびは、ナイトランウェイウォークにご応募いただきありがとうございました。せっかくのお申込みにも関わらず落選となってしまい、大変心苦しく思っております。

今回のナイトランウェイウォークには、定員50名のところ倍以上の105名の方からご応募をいただきました。事務局を担当する松本空港管理事務所では、応募者が定員を上回った場合には、抽選により参加者を決定するとしていたことから、応募者全員に抽選で順番を付け、上位の50名を参加者として決定いたしました。
その後、前日までに6名(2グループ)からキャンセルの申し出がありましたので、前述の抽選で決定していた順番に基づき、6名(3グループ)を繰り上げて参加者としたところです。ご指摘のように特定の方を優先的に参加させた事実はございませんので、ご理解くださいますようお願いいたします。

今後もイベントの開催にあたりましては、より多くの方にご参加いただけるよう公平公正な運営を行ってまいりますので、次の機会にもご応募いただければ幸いです。

以上、ご質問への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、以下担当者までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

松本空港利活用・国際化推進室長岩下秀樹、担当者
松本空港管理事務所長須山昌明、担当者


【問合せ先:企画振興部交通政策課/松本空港利活用・国際化推進室/電話026-235-7019/メールairport(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

【問合せ先:企画振興部松本空港管理事務所/電話0263-58-2517/メールmatsukuuko(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:交通)(月別:2020年11月)2020001145

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?