ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 「県民ホットライン」過去のデータ(月別) > 「県民ホットライン」2020年12月分(月別) > 河川工事について

ここから本文です。

更新日:2021年1月29日

河川工事について

ご意見(2020年12月16日受付:Eメール)

知事へ
宮川坂室交差点付近で河川の擁壁工事が行われている。一帯の擁壁上部の隙間からは木が何本も生え出しているため、毎年枝が通行車両に当たり、カーブの見通しも悪くしている。なぜこの際に引き抜かないのか(根株を残すと直ぐに生え出す。)。せっかく大型重機がいるではないか。県の監督員の目は節穴か。尚、国直接の工事であれば謝罪もするが、県としてこの好機に、施工業者に頼むのは可能である。知事の見解を求む。また、近くの中央線線路下を通る道にある東側カーブミラーも汚れていて見づらい。この場所はただでさえすれ違いが困難。

回答(2020年12月23日回答)

長野県建設部長の田下昌志と申します。
「県民ホットライン」にご要望をお寄せいただきました宮川坂室交差点付近の工事につきましては、建設部で担当しておりますので私からお答えいたします。

この度は、県の工事に関して貴重なご要望をいただき、誠にありがとうございます。
ご要望をいただいた河川工事は昨年の令和元年東日本台風災害の災害復旧工事として実施しているものです。この工事に伴い支障となる範囲において擁壁上部の立木を伐採いたしました。
伐採にあたっては株根を引き抜くことも検討しましたが、引き抜くことで擁壁の裏側の地盤が緩み、擁壁や道路へ悪影響を及ぼす可能性があることから伐採したものであり、ご理解をお願いいたします。
また、併せてご要望いただいた中央線線路下を通る道のカーブミラーにつきましては、この道路を管理しております諏訪建設事務所の職員が現地を確認し、拭き掃除等の清掃を行いました。
その際に道路山側の斜面に生える立木の枝が伸びていることを確認しましたので、引き続き交通の支障となる枝等の伐採を行う予定です。
今後とも河川側の擁壁上部も含め、パトロール等を通じて状況を確認し、交通の支障となる恐れがある箇所については同様の対応をしてまいりたいと考えております。

以上、ご要望への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、道路管理課長勝野由拡、担当:維持舗装係、または諏訪建設事務所維持管理課長高嶋修、担当:管理係までご連絡くださいますようお願いします。


【問合せ先:建設部道路管理課/維持舗装係/電話026-235-7302/メールmichikanri(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

【問合せ先:建設部諏訪建設事務所/維持管理課/管理係/電話0266-57-2935/メールsuwaken-ijikanri(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:まち・みち・かわづくり)(月別:2020年12月)2020001277

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?