ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 「県民ホットライン」2021年1月分(月別) > 公立高校の部活動について

ここから本文です。

更新日:2021年2月26日

公立高校の部活動について

ご意見(2021年1月18日受付:Eメール)

お忙しいところ大変申し訳ございません。私は公立高校に通う高校生です。
昨日から長野県全体で医療非常事態宣言が発出されました。その内容に「人との接触機会を極力減らす。」といったものがありました。確かに学校の授業はコロナ感染拡大の危険性があってもやる必要があると感じますが、部活動はそこまで重要性が高くないため休止にしても良いと感じます。実際に東京では部活動においてクラスターが発生した例もありますし既に部活は休止になっているところも多数あります。
コロナは感染してからでは手遅れです。ぜひお早めに県内の全公立高校の部活動の休止をご検討して頂けると助かります。

回答(2021年1月25日回答)

長野県教育委員会事務局教育次長の尾島信久と申します。
県民ホットラインにお寄せいただいた、「公立高校の部活動について」のご意見についてお答えいたします。

お寄せいただきましたご意見から、部活動による感染拡大をご心配されているお気持ちが伝わってまいりました。

本県でも、全国と同様、新規感染者が増加傾向にあり、厳しい状況が続いております。

このため、新型コロナウイルス感染症長野県対策本部では、1月8日、同日から2月7日までの期間における感染症対策方針を、また、1月14日には、全県に「医療非常事態宣言」を発出し、県民の皆様に、感染拡大防止へのご協力を呼び掛けているところです。

県教育委員会では、1月15日付けで県立高校に「「医療非常事態宣言」の発出を受けての県立学校の対応について(通知)」を発出し、部活動については、徹底した感染症対策を講じた上で、リスクの高い活動は行わないことや、学校が独自に行う他校との練習試合や合宿等は行わないことなどを示しています。

「コロナは感染してからでは手遅れ」と思うお気持ちは十分にわかります。部活動への参加に不安があるようでしたら、顧問の先生に相談してみてはいかがでしょうか。顧問の先生に伝えにくいのであれば、担任の先生や、教頭先生、校長先生に相談してみてはいかがでしょうか。もし、直接相談されることに支障があるようでしたら、私ども県教育委員会から学校側に依頼することも可能ですので、ご連絡いただければ対応させていただきます。

以上、ご意見への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、スポーツ課長北島隆英、担当:学校体育係まで、ご連絡くださいますようお願い申し上げます。


【問合せ先:教育委員会事務局スポーツ課/学校体育係/電話026-235-7448/メールsports-ka(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

 

(分野別:教育・文化)(月別:2021年1月)2020001413

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?