ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 「県民ホットライン」2021年6月分(月別) > 県職員のコロナ対策について

ここから本文です。

更新日:2021年7月30日

県職員のコロナ対策について

ご意見(2021年6月7日受付:Eメール)

通勤バスの中で気になる事がありましたのでメールさせていただきました。
県の職員と思われる方が同じバス停から乗車する方と、乗車してから降りるまでずっと会話をしています。
バスの中には新型コロナウィルス感染症防止のため「会話は控えてください」の張り紙が貼ってありますが、全く気を遣うそぶりはありません。会話をしているのは二人だけです。感染防止の協力をお願いしている立場上もう少し気を遣うべきではないでしょうか?コロナ渦でなくても気になります。「同期がいる○○課に情報公開の請求が・・・」という話をしていたので県の職員ではないかと思いメールをしました。
乗車区間は「Aバス停」から「Bバス停」です。
コンプライアンス・行政経営課にはメールを送りましたが対応していただいてないようなので、県民ホットラインに送らさせていただきました。
よろしくお願いします。

回答(2021年6月8日回答)

長野県総務部長の玉井直と申します。
この度「県民ホットライン」にお寄せいただきました県職員のコロナ対策に関するご質問についてお答えします。

令和3年5月26日付けで、コンプライアンス・行政経営課へ、今回と同様のご連絡をいただいております。県民の皆様に新型コロナウイルス感染拡大防止をお願いしている県職員の、このような配慮に欠ける行為は、大変遺憾であり、5月28日には、全職員に対して、感染対策意識を高め、県民の皆様に不信感を抱かれることのないよう、改めて、注意喚起を行いました。
今後も引き続き、職員一人ひとりが気を緩める事なく、県民の皆様の模範となるよう、感染防止対策の強化に取組んでまいります。

以上、ご質問への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、コンプライアンス・行政経営課長村井昌久、担当者までご連絡ください。

【問合せ先:総務部/コンプライアンス・行政経営課/電話026-235-7029/メールcomp-gyosei(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

 

(分野別:その他)(月別:2021年6月)2021000354

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?