ホーム > 防災・安全 > 防犯 > 特殊詐欺被害にあわないために実家の電話機に対策を

ここから本文です。

更新日:2022年1月7日

特殊詐欺被害にあわないために実家の電話機に対策を

特殊詐欺被害者の方の約8割が「自分は騙されない」と思っていましたが、犯人からの電話を受けると、犯人の話術にのせられ騙されてしまっています。

相手はプロの犯罪者。特殊詐欺被害を防ぐには、犯人からの電話に出ないための対策が有効です。

在宅中も留守番電話に設定

画像:在宅中に、留守番電話設定として、だれからの電話なのかを聞いているおじいさん

本当に用件がある相手であれば、留守番電話にメッセージを録音するはずです。

また、犯人は自分の声を録音されることを嫌がるため、留守番電話と分かったら、電話を切ることが多いです。

常に留守番電話で、相手を確認してから、折り返す習慣が特殊詐欺被害を防ぎます。

非通知の電話には出ない

非通知で電話をしてくる相手に応答する必要はありません。

また、電話帳機能がある電話機であれば、知らない相手の電話は出ない対応ができます。

防犯機能付き電話の検討を

以下のような防犯機能付きの電話を検討ください。

  • 着信音が鳴る前に、自動メッセージで警告

「この通話は防犯のために録音されます」などのメッセージが流れることで、詐欺の犯人を着信音が鳴る前に撃退できます。

  • 電話に出ると、通話を自動録音

電話にでてしまっても、通話内容が録音されるので後から聞き直すことができます。

  • 非通知の電話は、着信拒否

非通知設定の電話は、着信音も鳴らさずに自動的に拒否できます。

  • 未登録番号からの着信対策

登録していない番号からの着信を拒否したり、注意を促したりできます。

ご家族や身近な方がサポートを

特殊詐欺の被害にあう可能性の高い高齢者の方のために、ご家族の方や身近な方が、「電話機の設定」「防犯機能付き電話への買い替え」などのサポートをしていただくようお願いします。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民文化部くらし安全・消費生活課

電話番号:026-235-7174

ファックス:026-235-7374

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?