ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和3年(2021年)6月プレスリリース資料 > シートベルト・チャイルドシートの着用率・使用率が向上しました

ここから本文です。

更新日:2021年6月25日

シートベルト・チャイルドシートの着用率・使用率が向上しました

長野県(県民文化部)プレスリリース令和3年(2021年)6月25日

 

 春の全国交通安全運動を実施した4月中に、県内のシートベルト・チャイルドシートの着用等の状況について調査を行った結果、全ての項目で前回の率を上回り、過去5回の調査の中で最も高い率となりました。

 

調査実施期間

 令和3年4月中

調査箇所

 (1)シートベルト:91か所(県内市町村の地域内交通の多い地点)

 (2)チャイルドシート:20か所(保育園、商業施設等)

調査結果

 添付の関連資料をご覧ください。

 

 関連資料

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:県民文化部くらし安全・消費生活課

担当者名:(課長)笠原 隆通 (担当)島田 博隆

電話番号:026-235-7174

ファックス番号:026-235-7374

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?