ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和3年(2021年)12月プレスリリース資料 > 中山道旧長久保宿本陣が史跡中山道【長和町】に追加指定されます

ここから本文です。

更新日:2021年12月17日

中山道旧長久保宿本陣が史跡中山道【長和町】に追加指定されます

長野県(教育委員会) プレスリリース 令和3年(2021年)12月17日

令和3年12月17日(金曜日)に開催された文化審議会文化財分科会の審議・議決を経て、史跡1件の追加指定(指定範囲の拡大)について、文化審議会から文部科学大臣への答申が行われました。

追加指定(指定範囲の拡大)のある史跡

  • 史跡中山道(長和町)

中山道は江戸時代の五街道の一つで、江戸日本橋から板橋宿を経て武州路・上州路を通り、碓氷峠(標高1,180m)を超えて信濃路に入り、信濃26宿を経て美濃路・近江路を通り、草津宿で東海道に合流します。

旧和田村時代、和田峠古峠から男女倉口までの4.7kmの峠道と永代人馬施行所が昭和62年に国史跡に指定され、唐沢周辺と和田宿周辺、旧村堺の青原周辺の計3.5kmの中山道と和田宿本陣主屋と歴史の道資料館かわちや、唐沢一里塚が平成3年に追加指定されています。

今回の追加指定地は、大門道・北国街道への接続点として交通量が多かった長久保宿の旧本陣になります。「御殿」と呼ばれる旧座敷棟、表門、土蔵が江戸期の建物として現存しています。本陣周辺の旧街道沿いは江戸期から明治期の建物が複数残されており、当時のただずまいが残されています。

なお、史跡中山道の指定地は木曽郡南木曽町、岐阜県中津川市・可児郡御嵩町にも所在しています。

  • 追加指定面積:2,969.10平方メートル
  • 指定地合計:23,361.51平方メートル

 

〔問い合わせ先〕長和町教育委員会 教育課文化財係(長和の里歴史館・長和町文書館) 電話 0268-88-0030

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局文化財・生涯学習課

担当者名:(課長)久保 友二 (担当)谷 和隆

電話番号:026-235-7441

ファックス番号:026-235-7493

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?