ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和5年(2023年)11月プレスリリース資料 > 長野市、松本市、上田市、飯島町、宮田村等に所在する14件の建造物が国の登録有形文化財に登録されます

ここから本文です。

更新日:2023年11月24日

長野市、松本市、上田市、飯島町、宮田村等に所在する14件の建造物が国の登録有形文化財に登録されます

長野県(教育委員会) プレスリリース 令和5年(2023年)11月24日

本日、令和5年11月24日(金曜日)に開催された文化審議会文化財分科会の審議・議決を経て、下記建造物について、文化審議会から文部科学大臣へ登録有形文化財に登録するよう答申されました。今後、官報告示を経て、登録されます。
なお、本件が登録されますと、県内の登録有形文化財は、627件(建造物626件、美術工芸品1件)になります。

今回の答申における主なもの

一覧表、概要は別添資料参照

ドイツから九州、さらに長野まで旅し、今は歩道橋として親しまれるりんどう橋(上田市)

明治時代中期、九州鉄道がドイツから輸入し、鉄道橋として使われました。その後、昭和3年に鉄道橋として千曲川に架けられ、鉄道の廃線後はそのまま道路橋となりました。その後も再利用され、現在は上田市で歩道橋として使われています。

りんどう橋

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局文化財・生涯学習課

担当者名:三木、市川

電話番号:026-235-7441

ファックス番号:026-235-7493

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?