ホーム > 松本家畜保健衛生所 > かほだより

ここから本文です。

更新日:2021年5月19日

松本家畜保健衛生所

情報提供

「第3期長野県食と農業農村振興計画」の実現に向け、家畜伝染病の侵入・まん延予防のための情報提供を行うとともに、持続可能な畜産の構築を目指し、農場HACCP、畜産GAP等の新しいフェーズへ対応するための技術の普及啓発に努めています。

人獣共通感染症に関する情報

☆オンライン研修会(※動画の無断使用、二次利用はご遠慮ください)

開催日 掲載期間 テーマ
R3年5月14日 ~R3年12月31日

動物と安心して暮らせる長野県研修会~OneHealthを考える~

研修会のご案内はここから[プレスリリースへ]

↓動画↓[別ウィンドウで外部サイトが開きます]

動画1:開会式(5分)(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

講師紹介と今回の研修会の開催経緯がわかります。

動画2:「高病原性鳥インフルエンザと新型インフルエンザを紐解く」(40分):迫田義博氏(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

豚熱等ペスチウイルスと鳥及び新型インフルエンザウイルスの専門家が、今シーズン(令和2年度)、高病原性鳥インフルエンザが全国で感染拡大した要因や人への感染メカニズム・リスクについて解説しています。

動画3:「新型コロナウイルスだけではない!人獣共通感染症」(40分):前田健氏(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

新型コロナウイルス及び重症熱性血小板減少症候群の専門家が、現在注意すべき人獣共通感染症並びに本来動物の間で維持されていたコロナウイルスが、人へさらには人から人へ感染する新型コロナウイルスに変化したメカニズムや変異について解説しています。

動画4:パネルディスカッション(30分):迫田氏、前田氏、小林良清氏(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

公衆衛生のプロフェッショナルである長野市保健所長小林良清氏をモデレーターにお迎えし、前田氏と迫田氏をパネリストに、人と物が時間単位で世界を行き来する現代における人獣共通感染症対策や新型コロナウイルス等の新興感染症の新たな発生リスク等についてディスカッションしています。

★まとめて視聴する場合はこちらからどうぞ★

動画5:研修会全体(120分)(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

アニマルウェルフェアに関する情報

☆オンライン研修会(※動画の無断使用、二次利用はご遠慮ください)

開催日 掲載期間 テーマ
R3年4月16日 ~R3年12月31日

南安曇農業高等学校アニマルウェルフェアに係る
研究課題検討会

(1)AWとは(15分)講師:佐藤衆介氏(東北大学名誉教授)

アニマルウェルフェア(AW)の基本の基本をAWの第一人者が学生向けに解説しています。

(2)AWの評価法(15分)講師:竹田謙一氏(信州大学農学部准教授)

「家畜にも人にも優しい信州コンフォート畜産認定基準」を基に畜産農家におけるAWの評価法について解説

しています。

(3)令和2年度卒論発表会の内容に対する講評(45分)

AWをテーマに卒論に取り組む南安曇農業高等学校の3年生が、令和2年度に先輩が取組んだAWに係る卒論

について発表しています。

(4)令和3年度新規課題の検討(45分)

令和3年度に取り組む予定のAWに係る卒論テーマの試験設定等について、佐藤先生、竹田先生から助言を

いただいています。

動画1:AWとは/AWの評価法(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

動画2:令和2年度卒論発表会の内容に対する講評(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

動画3:令和3年度新規課題の検討(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

家畜にも人にも優しい信州コンフォート畜産認定基準

持続可能な畜産の構築を目的に、平成19年2月に当所が制定した基準で、国内の行政機関としてはいち早くアニマルウェルフェアの概念を取り入れています。

認定基準(PDF:632KB)

家畜の飼養管理指針について

アニマルウェルフェアの考え方に対応した家畜の飼養管理指針の最新版が、公益社団法人畜産技術協会のホームページに掲載されていますので参考にしてください。

公益社団法人畜産技術協会HP(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

家畜衛生研修会

家畜衛生情報をオンライン(動画共有サービス「YouTube」)により提供しています。

☆豚研修会(※動画の無断使用、二次利用はご遠慮ください)

開催日 掲載期間 テーマ
8月18日

2020年8月18日~

2021年3月31日

豚熱ワクチン抗体付与状況の検討

アフリカ豚熱(ASF)と豚熱(CSF)のオンライン研修会を開催!(PDF:739KB)

URL:https://youtu.be/boULQuYVh8Y(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

【参考資料】

長野県のCSFワクチン抗体付与状況(PDF:490KB)

初回接種(10月下旬)から約8か月間の長野県内の接種状況及び接種日齢並びに抗体付与状況の生データが

提供されています。

林ファームCSF抗体価の推移(PDF:1,003KB)

移行抗体を獲得した子豚を個体別にワクチン接種直前、接種後経時的に抗体付与検査を実施した結果が提供

されています。また、再接種が必要となったため、再接種後の抗体付与状況も検討されています。

あずみ野エコファームのワクチン接種体制(PDF:882KB)

抗体付与状況調査の結果、再接種が必要となった群の、再接種後の抗体付与状況について検討されています。

※林ファーム様、あずみ野エコファーム様には了解を得て掲載しております。

9月1日

2020年9月2日~

2021年3月31日

アフリカ豚熱と豚熱に備える

URL:https://youtu.be/D6Zj-C5pLfI(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

アフリカ豚熱及び豚熱の専門家らによるウイルスの特徴・今後の予防策等についての情報提供がされています。

1月25日

2021年1月25日~

迫田教授に聞く「これからの豚熱対策」公開講座

講師

北海道大学大学院獣医学研究院微生物学教室

教授迫田義博氏

助言者

(有)あかばね動物クリニック伊藤貢氏

(1)開会(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

(2)長野県の豚熱抗体付与状況調査結果(別ウィンドウで外部サイトが開きます)
資料(PDF:4,070KB)

初回ワクチン接種から約1年間のワクチン接種日齢と抗体付与状況の検討並びにエライザ値と中和抗体価の

相関についての生データを提供しています。

(3)これからの豚熱対策(生産者向け)(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

迫田教授が農場での防疫対策の継続の必要性についてわかりやすく解説しています。

(4)これからの豚熱対策(家畜防疫員等技術者向け)(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

迫田教授が抗体付与状況について、岐阜県等の検査結果を取りまとめ、技術者向けに解説しています。

この中で、岐阜県が取組むエライザ値から中和抗体価を推定する方法についても詳細に紹介されています。

※飼養衛生管理者の方は、こちらもご視聴ください。

【その他】

まとめて視聴する場合はこちら☆(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

 

☆鶏研修会(※動画の無断使用、二次利用はご遠慮ください)

開催日 掲載期間 テーマ
12月17日

2020年12月25日

2021年3月31日

令和2年度鶏病講演会

演題1(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

高病原性鳥インフルエンザの発生状況と飼養衛生管理基準改正のポイント

講師:長野県農政部家畜防疫対策室主任袴田由美

演題2(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

高病原性鳥インフルエンザウイルスの野生動物による伝播の可能性とその対策

講師:鳥取大学山口剛士教授

演題3(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

バイオセキュリティ向上に向けた消毒方法

講師:東京農工大学竹原一明教授

質疑応答(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

 

かほだより

PDF形式で掲載しています。

2020年度発行

発行月

内容
2月 豚疾病に関する注意喚起(PDF:838KB)
1月

これからの豚熱対策(PDF:539KB)

野鳥等の侵入防止対策強化について(PDF:472KB)

新年のあいさつ/動物用医薬品の適正使用・記録の徹底について(PDF:478KB)

12月

HPAI続発/注意喚起(PDF:760KB)

令和2年度第2回目のバルク乳検査の成績について(PDF:600KB)

呼吸器病対策について(PDF:491KB)

9月 令和2年度第2回目のバルク乳検査が始まります(PDF:259KB)
8月 アフリカ豚熱(ASF)と豚熱(CSF)のオンライン研修会を開催します(PDF:739KB)
7月

令和2年度1回目バルク乳検査の成績について(PDF:470KB)

家畜改良増殖法の一部改正(PDF:537KB)

6月

CSF陽性野生イノシシが継続して確認されています!(PDF:859KB)

牛の節足動物媒介ウイルスにご注意を!(PDF:543KB)

5月

豚・イノシシの飼養衛生管理基準の改正について(PDF:476KB)

令和2年度1回目バルク乳検査が始まります(PDF:249KB)

4月 アカバネ病の流行にご注意を!(PDF:350KB)

 

2019年度発行

発行月

内容

2月

先手必勝!ハエ対策&暑熱対策(PDF:570KB)

12月

体外受精卵を作出し後代牛の生産を支援します(PDF:809KB)

12月

2回目バルク乳検査の成績について(PDF:598KB)

12月

愛媛県の野鳥糞便から低病原性鳥インフルエンザウイルスが検出(PDF:1,040KB)

10月

酪農生産性向上対策事業の令和元年度第2回目のバルク乳検査が始まります(PDF:234KB)

9月

消毒ポイントで車を消毒してください(PDF:399KB)

8月

1回目バルク乳検査の成績について(PDF:731KB)

7月

酪農・肉用牛生産振興研修会を開催します(PDF:241KB)

5月

暑さ対策はじめてますか?(PDF:621KB)

5月

豚コレラ継続発生中(PDF:396KB)

5月

令和元年度の放牧衛生検査が始まります(PDF:224KB)

5月

今年も酪農生産性向上対策事業のバルク乳検査が始まります(PDF:245KB)

 

2018年度発行

発行月

内容

3月

適切な時期にワクチン接種を!(PDF:408KB)

3月

2回目バルク乳検査の成績について(PDF:997KB)

11月

適切な消毒薬を選択しましょう(PDF:295KB)

11月

海外からの家畜伝染病の侵入に注意(PDF:744KB)

11月

今シーズンの高病原性鳥インフルエンザ対策(PDF:345KB)

10月

岐阜県の野生いのししにおける豚コレラの確認状況について(PDF:370KB)

9月

豚コレラとアフリカ豚コレラ(PDF:320KB)

9月

1回目バルク乳検査の成績について(PDF:652KB)

6月

今年も酪農生産性向上対策事業のバルク乳検査が始まります(PDF:248KB)

6月

牛ウイルス性下痢・粘膜病(BVD-MD)PI牛摘発のために~(PDF:198KB)

5月

家畜を飼養する場合は次のことに御留意願います(PDF:283KB)

4月

平成30年度もよろしくお願いいたします(PDF:167KB)

過去の広報

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:長野県松本家畜保健衛生所 

長野県松本市島内西川原6931

電話番号:0263-47-3223

ファックス番号:0263-47-0101

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?