ホーム > 長野地域振興局 > 長野地域 地域発元気づくり支援金について > 平成27年度【長野地域】地域発 元気づくり支援金活用事例発表会

ここから本文です。

更新日:2021年7月26日

長野地域振興局

平成27年度【長野地域】地域発元気づくり支援金活用事例発表会

地域発元気づくり支援金【長野地域】活用事例発表会を開催しました

「地域発元気づくり支援金」活用事例発表会を開催し、平成26年度の優良事例の表彰及び事例発表を行いました。(共催:地域づくりネットワーク長野県協議会長野支部)

日時

平成27年10月27日(火曜日)13時30分~16時

場所

長野合同庁舎5階501~503会議室

優良事例

優良事例表彰及び優良事例発表

知事表彰

1団体が受賞されました。

事業名

「障がいのある車椅子の子どもを持つ親のためのガイドブック」発行事業

実施団体名

えんがわ(千曲市)

受賞理由

  • 障がい者やその介護者が自ら取材に出向き、当事者にとって必要な情報が掲載されたガイドブックを作成したことにより、障がい者とその家族の外出促進が図られました。

参考

えんがわ事例発表写真

えんがわ表彰写真

長野地方事務所長表彰

2団体が受賞されました。

事業名

「全国高校生合同販売からはじまる長野モデル若者づくり事業」(デパートサミット事業)

実施団体名

長野県商業教育研究会(長野市)

受賞理由

  • 高校生が地域の企業と連携して商品開発を行い販売したことにより、次世代の地域を担う人材育成が図られるとともに、地域特産物の消費拡大へのつながりが期待できることや、高校生が企画開発した商品が大手コンビニチェーンで販売されるなど事業効果の広がりがみられる点が高く評価されました。

参考

 

長商デパートサミット事例発表

長商デパートサミット表彰

事業名

「長野市障がい福祉サービス活用ガイドアプリ制作事業」

実施団体名

特定非営利活動法人ヒューマンネットながの(長野市)

受賞理由

  • 必要な福祉サービスの情報を入手するためのアプリを障がい者自らが製作、更新していくことで、障がい者が必要とする情報を入手することが容易になり障がい者福祉の向上につながるとともに、アプリの製作に携わった障がい者が、27年度に新しいアプリの製作を担う予定であるなど事業効果の広がりがみられる点が高く評価されました。

参考

 

ヒューマンネット記念写真

ヒューマンネットながの表彰

講演会

講師

佐藤 柊平 氏(株式会社ココロマチ社員 東北ふるさとパートナーズ代表)

テーマ

“共創”から始まる地域づくり-ふるさとの持続可能な展開をつくる手法-

講演内容

「"共創"から始まる地域づくり-ふるさとの持続可能な展開をつくる手法-」と題して、

  • 長野県の共創の事例を交えながら「今までの企業(自治体)だけでできることには限界がある。
  • これからは企業(自治体)とお客様(住民)が協働して共に価値を創造する"共創"が大切になる。
  • 自分たちでは補完出来ないノウハウの導入や多視点が図られ、持続可能な地域づくりが望める。

といったお話がありました。

 

h26佐藤講師講演会

 

 

 

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:長野県長野地域振興局企画振興課

長野県長野市大字南長野南県町686-1

電話番号:026-234-9501

ファックス番号:026-234-9504

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?