ホーム > 南信発電管理事務所 > 新規発電所情報 > くだものの里まつかわ発電所

ここから本文です。

更新日:2021年4月23日

南信発電管理事務所

くだものの里まつかわ発電所

片桐ダムで発電所の運転を開始しました

 

kudamono_panhu

くだものの里まつかわ発電所

発電所概要

  • 県営片桐ダムの放流水を有効活用する水力発電所です。

名前の由来

  • 地元の小中学生を対象に公募し、「松川町はくだものがさかんだから。」という岡本彩乎(おかもとさや)さん(松川中央小)の作品に決定しました。
  • 発電所が建設される松川町は「くだものの里」とも呼ばれ、6月中旬のさくらんぼ狩りから12月のりんご狩りまで、様々な美味しいくだものに出会える町です。

発電所情報

  • 所在地:長野県下伊那郡松川町
  • 最大出力:380kW
  • 年間発電電力(計画):2,100千kWh(約580世帯分)
  • 最大使用水量:1.20m3/s
  • 最大有効落差:40.3m
  • 型式:ダム式
  • 水車型式:横軸フランシス
  • 運転開始:2021年4月1日

 


 

お問い合わせ

所属課室:長野県南信発電管理事務所 

長野県伊那市狐島3802-2

電話番号:0265-72-6121

ファックス番号:0265-78-8050

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?