ホーム > 奈良井川改良事務所 > イベント > 令和3年度 森と湖に親しむ旬間

ここから本文です。

更新日:2021年7月21日

奈良井川改良事務所

令和3年度 森と湖に親しむ旬間
奈良井川改良事務所 4ダムWEB散策 

長野県奈良井川改良事務所では、毎年「森と湖に親しむ旬間」に併せてダム開放を行ってきました。昨年は、新型コロナウイルス蔓延防止のため、WEBにてダムの紹介をしました。

今年も、昨年と同様に「奈良井川改良事務所 4ダムWEB散策 part2」を開催します。

今年は、ダムの四季を紹介したダム写真展とダムができるまでの貴重な記録映像の動画配信を企画しましたので、お楽しみください。

ダム写真展

大自然に囲まれたダムは、周囲の自然とともに四季折々様々な表情を見せてくれます。

ダムの四季をご紹介します。

  • 奈良井ダム  奈良井ダム下流公園の桜です。ダムをバックに桜を撮りました。

1harunonaraidamu

 

  • 小仁熊ダム ダム湖上流からの撮影です。湖畔には多くの桜が植えられています。

2onikumadamukotosakura

 

  • 水上ダム

3mizukamidamunoharu

ダム下流の桜です。両岸に美しい桜が咲き誇ります。

 

  • 奈良井ダム 

4natunonaraidamu

放流の様子です。緑と白のコントラストがきれいです。

 

  • 奈良井ダム 

5naraidamuko

涼しげな湖面が広がります。

 

  • 北山ダム 

6natunokitayamadamu

ダム湖から北山ダムを撮影しました。湖面に映る緑がきれいでした。

  • 奈良井ダム 

7akinonaraidamu2

奈良井ダムの紅葉です。ダムがとても大きく感じられました。

 

  • 小仁熊ダム

onikumadamunoaki

ダム湖上流からの撮影です。青い湖水と紅葉がきれいでした。

 

  • 奈良井ダム

9Huyunonaraidamu

冬は一面白銀の世界となります。

 

  • 北山ダム

10huyunokitayamadamu

ダム頂部にしんしんと雪が降り積もりました。

 

記録映像 ~ダムができるまで~

ダムは、地域の安全・安心、そして地域の発展に大きな役割を果たしています。

ダムをつくるためには、多くの人々の協力、長い年月、大きな費用、そして高度な技術が必要となります。

奈良井川改良事務所が管理するダムの記録映像を公開します(現在編集作業中であり、近日公開します)。

地域が一丸となった大プロジェクトを、是非ご覧ください。

奈良井ダム(塩尻市)

奈良井ダムは、一級河川奈良井川の上流、奈良井宿からおよそ4km南に建設された岩石や土砂を積み上げて建設されたロックフィルダムです。

奈良井川は、中央アルプスの北壁茶臼山に源を発し、塩尻市、松本市を貫いて北流し、この間各支川を合流し信濃川に注ぐ一級河川で、沿線は過去幾多の洪水被害を受けてきました。特に昭和34年の台風、36年・40年の集中豪雨で大きな災害が発生し多大な被害を受けました。また、下流地域が発展するなか、安定した上水道の供給が必要でした。奈良井ダムは、このような治水、利水上の課題を解決するために、昭和41年から実施調査を始め17年の歳月をかけて昭和58年に完成した多目的ダムです。

 

小仁熊ダム(愛称:富蔵ダム)(筑北村)

小仁熊ダムは、東条川総合開発事業の一環として、一級河川東条川から一級河川小仁熊川に分水して建設された重力式コンクリートダムです。

東条川、小仁熊川の沿岸一帯は古くから、たびたび洪水による被害を受けてきました。特に昭和33年・34年には台風により大きな被害を受け、その後も毎年のように災害を繰り返していました。また、東条川、小仁熊川は筑北村の耕地に対する水源として広く利用されていますが、何度も深刻な水不足に見舞われ渇水対策を図る必要がありました。

これらの問題を軽減・解決するために、昭和63年に事業に着手し、平成16年10月に完成した多目的ダムです。

 

北山ダム(麻績村)

北山ダムは宮川総合開発事業の一環として、一級河川宮川に建設された重力式コンクリートダムです。

宮川付近一帯は、急流のため古くからたびたび洪水による被害を受けてきました。特に昭和34年・57年には台風により大きな被害を受けています。また、麻績村は降水量が少なく、村内を流れる大河川がないことから、過去にひんぱんに干ばつに見舞われ、農作物に大きな被害を受けました。一方、水道用水の不足も深刻で、住民生活に大きな影響を与えてきました。

これらの問題を軽減・解決するために、平成元年に事業に着手し、平成12年3月に完成した多目的ダムです。

 

水上ダム(松本市四賀)

水上ダムは会田川総合開発事業の一環として、一級河川会田川の支川の一級河川宮川に建設された重力式コンクリートダムです。

会田川付近一帯は、古くからたびたび洪水による被害を受けてきました。また、松本市四賀地区は内陸性の気候であることから降水量が少なく、昭和51年・53年には、深刻な水不足に見舞われ、住民生活や農作物に深刻な被害を受けました。

これらの問題を軽減・解決するために、昭和63年に事業に着手し、平成13年3月に完成した多目的ダムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

所属課室:長野県奈良井川改良事務所 

担当者名:深尾 公也

長野県松本市大字島立1020

電話番号:0263-47-7800

内線:2491

ファックス番号:0263-47-7838

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?