ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 「八十二銀行」と「稲倉の棚田地域振興協議会」、「千曲市棚田保全推進会議」が、「棚田パートナーシップ協定」を締結します(農政部農地整備課)

ここから本文です。

更新日:2021年5月20日

「八十二銀行」と「稲倉の棚田地域振興協議会」、「千曲市棚田保全推進会議」が、「棚田パートナーシップ協定」を締結します

長野県(農政部)プレスリリース令和3年(2021年)5月20日

日本の棚田百選に認定されている「稲倉の棚田」(上田市)、「姨捨棚田」(千曲市)を協働して保全することを目的として、創立90周年を迎える「株式会社八十二銀行」と「稲倉の棚田地域振興協議会」及び「千曲市棚田保全推進会議」が「棚田パートナーシップ協定」を締結することとなり、次のとおり調印式を開催します。

※県では企業等と棚田保全団体との連携・協力を促進し、棚田の保全と棚田地域の活性化に取り組んでいます。

日時

令和3年5月27日(木曜日)午後2時から2時20分まで

場所

県庁本館3階 特別応接室(長野市大字南長野幅下692-2)

出席者

株式会社八十二銀行  取締役頭取 湯本 昭一 氏

稲倉の棚田地域振興協議会※ 会長 久保田 良和 氏

千曲市棚田保全推進会議※ 会長 佐藤 基 氏

(立会者) 長野県 知事  阿部 守一

※日本の原風景を伝える「稲倉の棚田」「姨捨棚田」を後世に残すため、棚田オーナーや学校体験学習などの様々な企画を展開し、棚田の保全に取り組んでいます。

調印式

出席者挨拶、協定書調印、記念撮影

協定の概要

稲倉の棚田地域振興協議会、千曲市棚田保全推進会議は、オーナー制度を始めとする棚田を支援してくださる皆様方と、多様な保全活動を継続し、稲倉・姨捨の棚田を後世に残せるよう努める。

八十二銀行は、オーナー制度に登録し、田植や稲刈りなどの棚田の保全活動に参加し、各棚田の魅力や価値について情報発信を積極的に行い、棚田のPRに努める。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農政部農地整備課

担当者名:(課長)飯島好文(担当)北條貴之

電話番号:026-235-7241

ファックス番号:026-233-4069

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?