ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和4年(2022年)6月プレスリリース資料 > 〔2021研究成果トピックス〕長野県の農業関係の試験場が令和3年度に開発した新品種・新技術を紹介します

ここから本文です。

更新日:2022年6月27日

〔2021研究成果トピックス〕
長野県の農業関係の試験場が令和3年度に開発した新品種・新技術を紹介します

長野県(農政部)プレスリリース 令和4年(2022年) 6月27日

県内の農業・畜産関係の5試験場が令和3年度に開発した新品種・新技術等の中から、以下の4つの主な成果を「2021研究成果トピックス」として紹介します。

1 【新品種】そば「桔梗13号」を育成

二期作が可能で極めて倒れにくく収量安定性抜群の新品種「桔梗(ききょう)13号」を育成しました。

●二期作が可能で混種しない

●従来品種と同等以上の収量

●草丈が短く極めて倒れにくい

2 【新技術】ぶどう「ナガノパープル」新梢管理の省力化技術

フラスター液剤散布により新梢(しんしょう)の伸びが旺盛な「ナガノパープル」の新梢管理の省力化を可能にしました。

★フラスター液剤500倍液を満開14日後頃に散布すると

●7月の新梢量を6割程度に抑制

●新梢管理に要する時間が約40%削減

3 【新技術】夏秋いちご「サマーリリカル」の栽培指針

県オリジナル品種「サマーリリカル」の栽培要点をまとめた栽培指針を作成しました。

<主な要点>
●栽培適地は標高600m以上

●耐病性
 うどんこ病【強】
 萎黄病【弱】 など

●施肥、芽数、摘果等の管理方法

4 【新情報】柿皮給与による牛の第一胃内のメタンガス濃度の抑制

柿皮から作製したパウダーを牛に与えることで、第一胃内のメタン濃度の抑制を実証しました。

★柿皮パウダーを4週間、400g/日給与すると

●第一胃内メタンガス濃度が低下

●体重など健康状態に大きな変化なし、乳量の減少なし

 

詳しくは、農業関係試験場ホームページの研究成果トピックス「農業技術レーダー」をご覧ください。

https://www.agries-nagano.jp/research(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農業試験場

担当者名:(企画経営部長)大池英樹(担当)森野林太郎

電話番号:026-246-2412

ファックス番号:026-251-2357

所属課室:農政部農業技術課

担当者名:(課長)小林茂樹(担当)星野英正

電話番号:026-235-7220

ファックス番号:026-235-8392

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?