ホーム > 長野県立総合リハビリテーションセンター > 概要 > 障害者支援施設の建物と設備

ここから本文です。

更新日:2016年8月30日

長野県立総合リハビリテーションセンター

障害者支援施設の建物と設備

施設棟は障害者支援施設です。当センターの南側に位置し、利用者の方が生活や訓練を行なうところです。

上空からの写真

航空写真の黄枠内は施設棟と自動車運転練習場

施設棟1階

施設棟

施設棟全景

施設棟南側からの全景です。

ディルーム

デイルームの様子

TV・図書・広報誌等を備えた憩いの場で1階と2階にあります。

居室

居室の様子

居室は2人用です。

廊下

廊下の様子

視覚障害の方のために手すりの設置位置や、床面の色を配慮しています。

大浴場(浴室)

大浴場の様子

手すりを使用し安全に浴槽に入ることができます。

大浴場(洗い場)

大浴場洗い場の様子

車いすでも楽に移動ができる広いスペースです。

洋バス

洋バスとプラットホーム

脊髄損傷の方、両下肢機能障害の方も利用しやすいプラットホームです。

洋バス

洋バス

合計4つの洋バスを設置し、それぞれ手すりの位置等も工夫しています。

シャワートイレ

シャワートイレ

ボタン一つで操作が可能なシャワートイレを設置しています。

小判型便器

小判型便器

脊髄損傷の方でも移乗・移動がしやすい縦長の小判型便器も設置しています。

洗濯室

洗濯室の様子

1階・2階にそれぞれ洗濯機、乾燥機を設置しています。

給湯室

給湯室と流し台の様子

流し台は車いすの方でも利用がしやすい構造になっています。

食堂

食堂の様子

広くて開放的なスペースです。食堂としてだけでなく、コンサート等の会場としても使われます。

公衆電話

公衆電話

車いすの方でも利用がしやすい電話ボックスを1階に設置しています。

歩行安全ゾーン

床面の歩行安全ゾーン

視覚障害の方が安全に歩行ができるよう、廊下に歩行安全ゾーンを設置しています。黄色い線が目印です。

エレベーター

エレベーター

音声案内付きで広いエレベータは車いすの方でもスムーズに乗降ができます。

面談室

面談室(面談中)の様子。

ここで会議や面談を行います。

ショートステイ用居室

ショートステイ用居室の写真

明るくゆったりとした居室です。こちらは4人用です。

生活支援課職員室(支援員室)

生活支援課支援員室

施設棟中央にある、生活支援員の職員室です。施設棟に来所された方の窓口となっています。

健康管理室

健康管理室

血圧・体重測定、治療等の健康管理はここで行います。

生活訓練室

生活訓練室の風呂場生活訓練室のキッチン

キッチン・風呂・トイレ等の生活環境が整った部屋で自立した日常生活に向けての生活訓練を行います。

施設棟2階

理学療法訓練室

PT訓練室

施設利用者用のPT訓練室です。

作業療法訓練室

OT訓練室

施設利用者用のOT訓練室です。

視覚訓練室

視覚訓練室

視覚障害者のための訓練室です。

バルコニー

バルコニーの様子

車いすでの移動もスムーズに行える広さです。緊急時の避難通路にもなります。

訓練課職員室

訓練課職員室

2階中央にある、訓練課職員の職員室です。

能力開発科

能力開発科

軽作業訓練(箱折り)の様子です。

経理事務科

経理事務科

ワープロ訓練中の様子です。パソコンの基本的な操作を訓練します。

電算事務科

電算事務科

パソコン訓練の様子です。主にエクセルの操作を訓練します。

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?