ホーム > 長野県立総合リハビリテーションセンター > 頚椎の疾患と手術

ここから本文です。

更新日:2016年8月30日

長野県立総合リハビリテーションセンター

頚椎の疾患と手術

こんな症状でお悩みではありませんか?

以前から時々、頚部や肩甲背部に痛みがあったが、それに加えて片方の腕や手指にかけて放散するような痛みや痺れを生じるようになった。 → 頚椎椎間板ヘルニア

両手や両足のしびれが以前から気になっていたが、最近どうもお箸が使いづらいし、ボタンが掛けにくい。それに階段や坂道で、脚の運びがぎごちなくて、特に下りでは転びそうになる。 → 頚椎症性脊髄症(頚髄症)

頚椎の疾患

頚椎は7つの骨で構成される頭を支える柱であると同時に、自由に頭を動かして見たり食事したりできる関節の複合体である運動器です。更に脊髄神経を安全に保護する容器(脊柱管)でもあります。

しかし、頚椎の関節や靭帯も加齢変化を起こしてきます。長年の使用により変形して厚くなったり、緩んだりしてきます。

その結果、頚椎の疾患では、この脊髄神経を安全に保護する容器としての機能が損なわれています。

中枢神経である脊髄は、障害が回復不能となる非可逆的変性に至る前に、予防的な観点からの早めの手術治療も考慮しなければなりません。

頚椎症性脊髄症(頚髄症)

MRI写真

頚椎の加齢による変形や不安定性により脊柱管が狭くなり、脊髄神経に影響を及ぼす病態です。

手足にシビレを生じ、細かい物の扱いや書字・箸使いがやり辛くなるような手指の巧緻運動の障害、坂道や階段の特に降りでギクシャクしてスムースに歩けない痙性歩行障害、頻尿や残尿などの膀胱機能障害といった多彩な症候を呈する頚髄の障害です。

頚椎椎間板ヘルニア

画像

頚椎椎間板ヘルニアでは、頚部神経根が圧迫されると、頚・肩・上肢・手指にかけて激しい疼痛やシビレ、筋力の低下を起こします。大きなヘルニアでは脊髄を圧迫して頚髄症のような下肢症状や膀胱機能障害を起こすこともあります。

頸椎の手術

頚椎前方除圧固定術

画像

脊髄への圧迫の主因を取り除きつつ、頚椎の柱としての前方支柱を再建する手法です。骨盤の骨を移植してプレートで補強します。

頚椎椎弓形成術

画像

脊髄の後方(背側)を開放して、脊柱管を広げます。圧迫病巣が広範に渡る場合や、高齢者に適しています。

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?