ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 「子どもの発想を活かし育てる学びづくり」プログラムを小海町北相木村南相木村中学校組合立小海中学校で実施します(「アートの手法を活用した学び」推進事業)

ここから本文です。

更新日:2023年7月10日

「子どもの発想を活かし育てる学びづくり」プログラムを
小海町北相木村南相木村中学校組合立 小海中学校で実施します
(「アートの手法を活用した学び」推進事業)

長野県(県民文化部・教育委員会)プレスリリース令和5年(2023年)7月10日

県及び県教育委員会では、教育現場で「アートの手法を活用した学び」を進めています。
この度、県内の公立の小学校、中学校、高等学校および特別支援学校に対し、プログラムの実施について公募を行った結果、下記のとおり実施しますので、お知らせします。

「アートの手法を活用した学び」推進事業とは

第2次文化芸術振興計画の重点的施策に位置付けた事業のひとつとして、文化芸術がもつ力を教育に生かし、子どもたちの表現力やコミュニケーション力、自己肯定感を高めることができるよう、演劇などの身体表現や美術作品の対話型鑑賞といった「アートの手法」を生かしたプログラムを教育現場で実践しながら、県内の多くの学校等への定着を目指す取組。

日時・場所

令和5年7月13日(木曜日)13時30分から15時20分

小海町北相木村南相木村中学校組合立小海中学校 美術室(長野県南佐久郡小海町小海4144)

プログラム概要

  • 対象生徒:小海町北相木村南相木村中学校組合立小海中学校2年2組
  • ファシリテーター:小海町高原美術館 館 長 名取淳一
             小海町高原美術館 学芸員 中嶋実
  • プログラムの内容:美術作品を鑑賞しながら作品の感想や疑問などを話し合う(対話を通した鑑賞を行う)ことにより、表現力や自己肯定感、他者理解の向上を目指す。

取材申込

取材をされる方は、事前に御連絡をお願いいたします。

7月12日(木曜日)17時までに、①所属、②氏名、③電話番号、を記載の上、次の申込先へファックス又は電子メールにてお申し込みください。

〇長野県県民文化部文化政策課芸術文化係
FAX:026-235-7284  E-Mail:geijutsu●pref.nagano.lg.jp ※●を@に変換

取材時の注意事項

検温・消毒等、感染症防止対策に御協力をお願いします。

撮影・取材がNGな生徒がいますので撮影の際は、御配慮をお願いします。

また、授業の進行の妨げにならないよう取材は最小人数でお願いします。

【参考】その他のプログラム実施予定校

  • 長野県伊那養護学校
  • 軽井沢町立軽井沢東部小学校
  • 御代田町立御代田南小学校
  • 小諸市立東小学校
  • 千曲市立屋代中学校

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:県民文化部文化政策課

担当者名:根岸、清水

電話番号:026-235-7282

ファックス番号:026-235-7284

所属課室:教育委員会事務局学びの改革支援課

担当者名:望月、宮下

電話番号:026-235-7434

ファックス番号:026-235-7595

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?