ホーム > 社会基盤 > 上下水道・電気 > 下水道 > 長野県流域下水道 > 高度処理

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

高度処理

(諏訪湖流域下水道 豊田終末処理場:クリーンレイク諏訪)

諏訪湖流域下水道の高度処理について

 諏訪湖流域下水道の豊田終末処理場(クリーンレイク諏訪)では、標準活性汚泥法による二次処理を行ってきましたが、天竜川および諏訪湖の水質環境基準の維持達成や、放流先(諏訪湖)の排水規制の上乗せ基準に対応するため、平成7年度に事業計画の認可を取得し、BOD(生物化学的酸素要求量)の除去率を高め、窒素とリンを計画的に除去する高度処理の導入を進めています。

 高度処理は、現在の処理方式からの移行にもっとも対応しやすい「凝集剤併用型循環式硝化脱窒法+急速砂ろ過法」による処理計画として事業を進めています。


◇窒素除去のしくみ◇◇

◇リン除去のしくみ◇◇

◇急速ろ過法のしくみ◇◇

「標準活性汚泥法」の処理フロー(一般的な2次処理)

標準活性汚泥法

▲このページのトップへ

「凝集剤併用型循環式硝化脱窒法+急速ろ過法」フロー(高度処理)

凝集剤併用型循環式硝化脱窒法+急速ろ過法

その他の窒素およびリンの除去方法■

お問い合わせ

環境部生活排水課

電話番号:026-235-7320

ファックス:026-235-7399

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?