ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 長野保健所管内の小学校が実施した授業でジャガイモの芽や皮に含まれる有毒物質のソラニン(推定)による食中毒が発生しました

ここから本文です。

更新日:2022年7月22日

長野保健所管内の小学校が実施した授業でジャガイモの芽や皮に含まれる有毒物質のソラニン(推定)による食中毒が発生しました

長野県(健康福祉部)プレスリリース令和4年(2022年)7月22日

千曲市内の小学校で、授業中に食べた茹でたジャガイモによる食中毒が発生しました。
患者らは、学校で栽培したジャガイモを食べた児童及び教職員98名中の45名で、患者らに共通する食事はこのジャガイモのみだったことから、ジャガイモを原因食品と断定しました。
患者らの症状、ジャガイモを皮ごと食べていること、食べたジャガイモに未熟なものが含まれていたことから、ソラニンを病因物質と推定しました。
なお、患者は快方に向かっています。

【事件の探知】

令和4年7月21日、長野保健所に千曲市内の小学校から「学校で栽培したジャガイモを授業中に食べたところ、複数名が吐き気、腹痛、嘔吐等を呈した。」旨の連絡がありました。

【長野保健所による調査結果概要】

  • 学校で栽培したジャガイモを7月12日から14日にかけて収穫し、21日午前9時頃から家庭科実習室で調理し、10時20分頃から正午にかけて教室で食べた3クラス(同学年)98名中の45名が、食べて20分後から2時間30分後の間に吐き気、腹痛、嘔吐等の症状を呈しました。
  • 患者の発症状況は、ソラニンによる食中毒と一致していました。
  • 患者グループの共通食は、授業で食べた皮付きのジャガイモと塩だけでした。
  • 患者が喫食したジャガイモは芽のないものを選別し、皮付きのまま茹でて提供されたもので、一部に未熟なジャガイモが含まれていました。
  • ジャガイモを食べていない他の学年に同様の症状はありませんでした。

これらのことから、長野保健所はジャガイモを原因とする食中毒と断定しました。

 

担当部署 健康福祉部食品・生活衛生課食品衛生係
担当者 (課長)久保田耕史(担当)矢島康宏、荒川知幸
電話 026-235-7155(直通)

026-232-0111(代表)内線2661

ファックス 026-232-7288

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部食品・生活衛生課

電話番号:026-235-7155

ファックス番号:026-232-7288

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?