ホーム > 諏訪農業農村支援センター技術経営普及課 > 管内情報 > 第7回諏訪地区青年農業者交流会開催

ここから本文です。

諏訪地域振興局

第7回諏訪地区青年農業者交流会開催

平成30年11月20日(火曜日)、第7回諏訪地区青年農業者交流会が、諏訪地区青年農業者交流会実行委員会(茅野市、富士見町、原村の各農業青年クラブの代表により構成、事務局:諏訪農業改良普及センター)の主催により、原村で開催され、農業者18名を含む34名が出席しました。

この交流会は、農業青年クラブを中心に諏訪地域の青年農業者等を対象とし、諏訪地域の農業を担う様々な経営形態の青年農業者が、地域と連携した農業の振興と、青年農業者同士の仲間づくりの場となることを目的として開催されたものです。

今回の交流会は三部で構成されました。

第一部では、市町村と青年農業者の意見交換として、各市町村の農業ビジョンや施策の説明を聞いた後、青年農業者から地域振興やそれぞれの経営のための質問、提案等を出し、意見交換しました。

参加者は、熱心に聞き入り、講演後の質疑のコーナーでは、講演頂いた内容について活発に質問がなされました。

第二部では、のうさい南信地域センターから講師を派遣頂き、平成31年度から始まる収入保険をご説明頂きました。こちらでも、青年農業者から質問が相次ぎ、関心の高さが覗われました。

第三部は、実行委員会でも交流会のメインとしていた昼食交流を行いました。4つのグループに分かれ、同じグループの青年同士は、地域や栽培品目、名前と顔を憶え、仲間づくりをする企画で、各グループとも、昼食を摂りながら制限時間いっぱいまで会話が盛り上がり、大いに交流しました。

 


写真1:実行委員長のあいさつ

 


写真2:第一部の意見交換会

 


写真3:第三部の昼食交流会

 

<印刷用PDFファイル:第7回諏訪地区青年農業者交流会(PDF:156KB)>

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。