ホーム > 長野県須坂看護専門学校 > キャンパスライフ令和3年9月

ここから本文です。

更新日:2021年9月22日

須坂看護専門学校

キャンパスライフ令和3年9月

   令和3年9月のキャンパスライフです。今回は4年生「小児看護学実習Ⅱ」と「母性看護学実習」、1年生「基礎看護技術Ⅱ(バイタルサイン測定技術テスト)」および、3年生「精神看護学実習」の様子を掲載します。(※すべて学内実習です。) 

030908222

       「小児看護学実習Ⅱ」(4年生)

 夏休み明け最初の4年生の領域実習のほとんどが、残念ながら学内実習となってしまいました。

 小児実習は代替として3つの事例(ネフローゼ症候群・特発性血小板減少性紫斑病・上腕骨顆上骨折)を学内で学習しました。ネフローゼ症候群の6歳児に対しては退院後もステロイドの内服継続や感染・食事など気を付けなければならないことが多くあるため、6歳の児なりに理解して取り組んでもらう必要性があり、グループ毎に具体策を検討し、児に合わせ工夫を凝らした説明を考えてきています。(ロールプレイの様子)

030909000

 また、家族の理解や協力も欠かせないため家族へ視点を向けることの大切さも学んでくれました。臨地実習の学びには及びませんが、目の前にいない対象を一生懸命に想像し、真摯に向き合ってくれる学生の姿に救われる12日間でした。

 写真は学校の保健室を使い小児外来での診察介助をロールプレイで体験しているものです。

 0309081

     「母性看護学実習(沐浴)」(4年生)

 母性看護学実習(学内)で、新生児モデルを使用した沐浴を行いました。

 既習の母性看護方法(沐浴の練習)で繰り返し学んできたことを活かし、手順や留意点を確認し安全に配慮しながら実施しました。

(※新生児の沐浴には皮膚を清潔に保ち、新陳代謝を盛んにする等の効果があり、生後1カ月頃まで行われる育児技術です。)

0309111  

 「基礎看護技術Ⅱ(バイタルサイン測定技術テスト)」1年生

 9月10日(金曜日)1年生は、これまで授業や放課後の自主学習で取り組んできたバイタルサイン(体温・脈拍・呼吸・血圧)測定の技術テストを受けました。

 試験は学生が看護師役、患者役に分かれ、本校の先生方が見守る中とても緊張しながら、測定に必要な物品の点検、準備、測定、記録、報告の手順で進められました。

 

0309087

 

 0309085  

      「精神看護学実習」(3年生)

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、予定されていた臨地実習のうち施設実習に行くことができたものの、病院実習に行けなかったため、学内実習を行いました。施設実習で出会った利用者さんたちの特性を踏まえてレクリエーションを企画し、季節感のあるイラストに思い思いにちぎり絵を切って貼ったり、色鉛筆で色を塗ったりして季節のカレンダーを仕上げたり、風船バレー等を行いました。学生たちは、このレクリエーションの企画・運営・参加や実習全体を通して、看護師として精神疾患のある方たち一人ひとりの状態を観察しながら細やかな配慮をすることの大切さを学びました。 

030908333  

 

お問い合わせ

所属課室:長野県須坂看護専門学校 

長野県須坂市臥竜2-20-1

電話番号:026-248-8311

ファックス番号:026-251-2355

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?