ホーム > 長野県須坂看護専門学校 > キャンパスライフ令和2年9月

ここから本文です。

更新日:2020年9月29日

須坂看護専門学校

キャンパスライフ令和2年9月

令和2年9月のキャンパスライフです。今回は9月17日(木曜日)と9月24日(木曜日)の両日行われた2年生の「老年看護学実習Ⅰ(マレットゴルフ体験)」の様子を特集で掲載します。

0909

 「老年看護学実習Ⅰ(マレットゴルフ体験)」(2年生)

場所は本校に隣接する百々川の河川敷に設けられた全面芝生の須坂市自慢のマレットゴルフ場です。コースは、総計54ホール(右岸18ホール、左岸36ホール)の右岸18ホールパー72のつつじコースをお借りしました。

 朝9時00分に河川敷に集合して、開会式を行いました。「須坂市マレットゴルフ協会」の代表の方から諸注意をお聞きし、指導してくださる担当の講師の方々と顔合わせがありました。

1212

朝9時00分に河川敷に集合して、開会式を行いました。「須坂市マレットゴルフ協会」の代表の方から諸注意をお聞きし、指導してくださる担当の講師の方々と顔合わせがありました。

その後用具(スティックとボール)を準備し、班ごとにコースに出る前の練習を行いました。

講師の方から、スティックの持ち方や打ち方(姿勢・インパクトの強弱、転がす方向等)について説明を受け、実際に試し打ちの練習を行いました。

 

0917

         記念写真(第1班)

 

 体験では学生2人に講師の方が一人ずつ付いていただき、コース戦略などの丁寧な指導を受けました。最初はミスショットも見られた学生たちですが、ホールが進むにつれてナイスショットの本数が多く見られるようになりました。

 心身ともにお元気な方々とたくさんの会話を交わし、一緒にマレットゴルフを体験することを通して、少しずつ距離が縮まり、異世代間の人間関係づくりをまたひとつ学ぶことができたようです。

写真は講師の先生方を囲んで、笑顔あふれるラウンド終了後の記念写真です。

 

2517

         記念写真(第2班)  

今回の「マレットゴルフ体験」では、講師の先生方の確かな腕前に驚くとともに、明るく冗談も多く飛び交う楽しいラウンドで、学生たちからは「マレットゴルフ協会の皆様からたくさん元気をいただいた」との声が聞かれました。

帰校後の振り返りの時間に、学生たちはラウンド中に班ごとに撮った笑顔いっぱいの写真に感謝の気持ちのメッセージを添えて講師の皆様にお送りしました。そして、筋力の維持、脳の活性化、社会性の維持などマレットゴルフのもたらす効果について学びを深め、これがフレイル予防に繋がっていると納得した1日でした。

ご指導いただきました「須坂市マレットゴルフ協会」の皆様ありがとうございました。 

2499

     「感謝のメッセージカード」(1班)

2618

     「感謝のメッセージカード」(2班)

お問い合わせ

所属課室:長野県須坂看護専門学校 

長野県須坂市臥竜2-20-1

電話番号:026-248-8311

ファックス番号:026-251-2355

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?