ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 「麻薬及び向精神薬取締法」及び「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」違反に対する行政処分(業務停止)を行いました

ここから本文です。

更新日:2022年11月15日

「麻薬及び向精神薬取締法」及び「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」違反に対する行政処分(業務停止)を行いました

長野県(健康福祉部)プレスリリース令和4年(2022年)11月15日

本日、「麻薬及び向精神薬取締法」及び「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」違反に対し、次のとおり行政処分(12日間の業務停止)を行いましたので、お知らせします。

被処分薬局

 店舗の所在地  千曲市

処分内容

 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(以下「医薬品医療機器等法」という。)第75条第1項の規定により、当該薬局に対し、令和4年11月16日(水曜日)から11月27日(日曜日)までの12日間業務の停止を命じた。

処分の理由

 当該薬局開設者の代表社員及び管理者は、平成31年2月に、医師、歯科医師又は獣医師からの処方箋の交付を受けた者以外の者に対し、クエチアピン錠及びコントミン糖衣錠を営利目的で販売した。
 また、平成31年2月から令和元年10月までの間に、向精神薬処方箋を所持する者以外の者2名に対し、向精神薬であるブロチゾラム錠及びハルシオン錠等を販売した。
 このことは、麻薬及び向精神薬取締法第50条の16第4項及び医薬品医療機器等法第49条第1項の規定に違反する。

参考(適用条文)

  • 麻薬及び向精神薬取締法第50条の16第4項
     向精神薬小売業者は、向精神薬処方箋を所持する者以外の者に向精神薬を譲り渡してはならない。(略)
  • 医薬品医療機器等法第49条第1項
     薬局開設者又は医薬品の販売業者は、医師、歯科医師又は獣医師から処方箋の交付を受けた者以外の者に対して、正当な理由なく、厚生労働大臣の指定する医薬品を販売し、又は授与してはならない。(略)
  • 医薬品医療機器等法第75条第1項
    (略)都道府県知事は、薬局開設者、医薬品の販売業者、(略)について、この法律その他薬事に関する法令で政令で定めるもの若しくはこれに基づく処分に違反する行為があつたとき、(略)、その許可を取り消し、又は期間を定めてその業務の全部若しくは一部の停止を命じることができる。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部薬事管理課

担当者名:(課長)小池裕司(担当)岡本政治

電話番号:026-235-7157

ファックス番号:026-235-7398

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?