ホーム > 長野県警について > ライポくん・ライピィちゃんのひみつ

更新日:2020年4月22日

ここから本文です。

ライポくん・ライピィちゃんのひみつ

「ライポくん・ライピィちゃん」の由来は?

長野県の県の鳥は雷鳥(らいちょう)なんだよ。

だから、長野県警察が、この雷鳥をモチーフにして、誰もが親しみやすい警察のイメージをアピールするためにシンボルマスコットとして僕たちが誕生したんだ。長野県シンボルマスコット

誕生の経緯は?

ライポくん

は平成4年1月10日に、県民の皆さんや警察の人が考えてくれたデザインの中から選ばれて、生まれたんだ。(1月10日っていうと、110番の日だよ。)

でも、生まれてすぐには名前がなくて、名前をつけてもらったのは、3月25日なんだ。

名前は、雷鳥の「ライ」とポリス(警察)の「ポ」を組み合わせて名付けられたんだけど、「ポ」はPeople(ピープル・人々)やPeace(ピース・平和)の頭文字の❝P❞という意味も含まれているんだよ。

ライピィちゃん

わたしは、平成29年1月に、警察の人がデザインを考えてくれました。

わたしも生まれてすぐには名前がなくて、県民の皆さんや警察の人から募集をして、2月23日に名前をつけてもらったんだ。

名前の由来は、ライポくんと同じだけど、ライポくんの頼れるPartner(パートナー・友達・仲間)という意味も含まれているんだよ。

僕たちに会うには…

僕たちは、みんなの安全安心な生活を守るため、年間約120回、長野県内の交通安全や地域安全のイベントなどに参加しています。

みんな、ライポくん、ライピィちゃんを見かけたら、気軽に声をかけてね。きっと喜んで写真にも写ってくれますよ!

是非、ライポくん、ライピィちゃんとお友達になってね!

ライポ・ライピィ


長野県警キッズページ

お問い合わせ

長野県警察本部警務部広報相談課
電話:026-233-0110(代表)