ホーム > 長野県畜産試験場

ここから本文です。

畜産試験場

試験場本館

畜産試験場では、畜産経営の健全な発展と、安心・安全な付加価値の高い畜産物の生産のため、高品質畜産物生産技術や低コスト生産技術の開発、家畜・飼料作物の育種改良と増殖、さらには温暖化に対応した飼養管理技術の開発に取り組んでいます。

当場職員による研究日誌をご覧ください

畜産試験場トピックス

畜産試験場の現在の様子、話題はこちら

 

令和3年度の業務推進目標

基本目標(組織目標)

長野県行政経営理念に基づく「しあわせ信州創造プラン2.0」及び「第3期長野県食と農業農村振興計画」の実現に向け、県民起点による試験研究、人材育成を推進します。

心構え

縦割りから部横断(Cross Over)による執務に完全にシフトし、社会環境の変化にも機敏・柔軟に対応することにより、新たな試験研究のフェーズ展開に積極的にチャレンジします。

重点目標

第3期長野県食と農業農村振興計画に基づき、高品質な畜産物の効率的な生産と収益性が高い畜産経営の確立に向け、新たな技術の開発や高能力種畜の作出に取り組みます。

1 新たな技術の開発と生産現場への普及を進めます。

(1)信州産ブランド畜産物の開発とブランド力の強化

(2)地球温暖化に対応した技術開発

(3)スマート畜産を推進するための先端的な飼養技術の開発と実証

(4)アニマルウェルフェアに配慮した飼養管理技術の開発

(5)生産現場の課題を解決するための技術開発

2 組織の活性化、県民や関係団体など産官学の連携・協働、その他独自の取組

(1)場全体で家畜伝染病防疫の意識を共有し、徹底した病原体の侵入防止対策に取り組みます。

(2)国県の研究機関や大学、企業などと連携して先進的な研究開発に努めます。

(3)成果の積極的な情報発信に努め、普及組織と協働して農家への技術移転を進めます。

(4)県民に信頼されるようコンプライアンスを推進し、職員一人一人が自己研鑚に努めます。

(5)試験研究、防疫対応、家畜飼養、飼料生産作業に場全体で部横断的に取り組みます。

(6)各畜種において生産成績にこだわり、経営モデルとなる飼養に努めます。

令和3年度畜産試験場の業務推進目標(PDF:254KB)

オリジナル品種の育成と知的財産の保護・活用

  • 遺伝的産肉能力に優れた黒毛和種種雄牛「栄寿」「悟空286」「穂里福」「丸山福」
  • 高消化性ソルガム「涼風」「華青葉」「東山交37号」、多収ソルガム「峰風」
  • 耐倒伏性が高い飼料用とうもろこし中生品種「タカネフドウ」

栄寿

黄金シャモ

To37

黒毛和種種雄牛「栄寿」号

歯ごたえ・うま味・風味の三拍子が揃ったおいしい「信州黄金シャモ」

高消化性・紫斑点病抵抗性ソルゴー型ソルガム「東山交37号」

 

 

低コスト・省力化・高位安定生産技術の開発

  • 高泌乳・疾病低減のための泌乳曲線平準化飼養管理試験
  • 黒毛和種の高増体育成とオレイン酸向上のための飼養試験
  • 高能力種豚精液活用による繁殖能力と肉質の改善
  • 信州黄金シャモの呈味・機能性成分強化試験
  • 自給飼料多給による高泌乳牛飼養管理試験
  • エコフィードを用いた発酵TMRによる肉用牛肥育試験
  • 豚の一斉種付けを可能にする発情誘起試験
  • 鶏の雌雄別飼いによる発育向上試験

枝肉

豚精液

子牛育成マニュアルで育成した

黒毛和種肥育牛の枝肉(格付け:A5)

豚精液の採精と高分子ゲルを

利用した精液輸送技術

環境にやさしい農業生産技術の開発

  • 持続的資源循環のための土壌養分の補正技術
  • 除草剤や化石エネルギーの消費を低減する牧草・飼料作物栽培技術

モアコン

飼養技術

モーアコンディショナを活用した

省力的な収穫調製技術

自給飼料を積極的に利用する

乳牛・肉用牛の飼養技術

地球温暖化対策技術の開発

  • 地球温暖化に対応した家畜の暑熱対策試験
  • 気候変動に対応した飼料作物の作付体系と病害対策試験

ページの先頭に戻る

 

ページの先頭に戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。