ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 「県民ホットライン」過去のデータ(月別) > 「県民ホットライン」2021年4月分(月別) > 長野県立美術館の館名表示について

ここから本文です。

更新日:2021年5月31日

長野県立美術館の館名表示について

ご意見(2021年4月7日受付:Eメール)

信濃美術館が近く「長野県立美術館」に改称されると知りました。驚いて県教育委員会に改称理由を尋ねたところ県民文化部文化政策課の責任者の方から詳しい説明を受けました。速やかにかつ分かりやすく丁寧に対応していただき感謝しております。しかし説明を受けた資料の中にあった新美術館の名称に対するアンケート集計表を読みましたら意見総数65件のうち「信濃またはしなの」を残すべきだとする意見が38件(全体の58%)もあったのです。これを県、県教委がどうとらえるのでしょうか。アンケート調査の結果、新美術館名の方が多かったので改称しましたというなら理解できますが新美術館名賛同42%だったにも拘わらず新美術館名に改称するのであればもっともっと新聞ラジオ紙媒体を通じて県民に理解を得る努力が必要ではないでしょうか。でもこの段階では遅きに失した感があります。

 そこで提案、お願いですが、半数以上の方が信濃しなのを残して欲しいという思いを持っていることに配慮して新しい「長野県立美術館」の表示板の裏面等にやや小さめの表示板で「長野県立信濃美術館」その下部に小文字で(2021年4月長野県立美術館に改称)と表示していただけないでしょうか。県知事さんの粋な計らいをお願いします。それを見た多くの県民は心温まる思いに包まれることでしょう。これでも信濃美術館名を遺したことになりますから。(本件担当の方にお願いですが、このメールを県民文化部文化政策課様にも転送方お願いいたします。)

回答(2021年4月14日回答)

長野県県民文化部長の中坪成海と申します。
「県民ホットライン」にお寄せいただいた、長野県立美術館の館名表示に関するご提案について、県立美術館の業務を所管する私からお答えいたします。

このたびは、長野県立美術館(旧 長野県信濃美術館)の館名につきまして、高いご関心をお寄せいただきありがとうございます。ご意見を拝読いたしまして、貴殿の「信濃」に対するご愛着と、今回の改称についての残念な思いを真摯に受け止めさせていただきました。

今回、全面改築を機に「長野県立美術館」としての次のステージが始まりましたが、信濃美術館としての50余年の歴史を断ち切ろうとしているものではありません。先人の努力と取組に敬意を払い、しっかりとその歴史を継承してまいります。貴殿からは館名表記に関し、「長野県立美術館」の表示板の裏面等に「長野県信濃美術館」も併記してはどうか、とのご提案をいただきました。今回の整備においては、県民の皆様が慣れ親しんできた「信濃(しなの)」の呼称を残して欲しいという声を重く受け止め、新美術館の部分的な呼称として「しなの」を残すことといたしました。具体的には、県民の作品発表の会場となる「県民ギャラリー」を「しなのギャラリー」と、また、通称「屋根のある公園」と呼んでいる、公園のように誰でも気軽に憩える善光寺側の一角を「しなのスクエア」と呼称し、案内表示(サイン)にも表記しております。
また、単に呼称を残すだけでなく、建物の意匠の観点からも信濃美術館の記憶を引き継ぐ工夫を施しております。具体的には次のとおりです。
・信濃美術館への想いをとどめるため、信濃美術館の跡地には新しい建物は建てずに水庭の空間として整備し、その水庭(通称「水辺テラス」)が見渡せる美術館東側のポケットパーク(休憩スポット)に、信濃美術館の歴史を紹介する案内看板「旧長野県信濃美術館の風景」を設置しました。信濃美術館の姿を写した陶板をご覧いただけます。
・信濃美術館の講堂で使用されていた組格子のレリーフ壁(レリーフのような格子状の壁)を新しい美術館の壁面の一部に再現しました。
・信濃美術館のコンクリート梁(はり)の先端に飾られていた益子焼“人の輪”をポケットパークの壁に移設しました。
このように、信濃美術館の情景を新しい美術館の建物に随所に残すことで、それをご覧になった県民の皆様が信濃美術館の記憶を巡らせ、貴殿もおっしゃっておられますように、心温まる想いに馳せていただけるのではないかと期待しております。
なお、県立美術館が発行する広報物等においては、「長野県立美術館」に「(旧 長野県信濃美術館)」を併記して表記しておりますので申し添えます。

今後とも、長野県立美術館が多くの県民の皆様に愛され、県民の誇りとなる美術館になるよう努めてまいる所存でございますので、何とぞご理解いただきますようお願い申し上げます。

 以上、ご提案への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、文化政策課長池上安雄、担当:芸術文化係までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:県民文化部/文化政策課/芸術文化係/電話026-235-7282/メールgeijutsu(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp 】

 

 

(分野別:教育・文化)(月別:2021年4月)2021000024

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?