ホーム > 伊那建設事務所 > 浸水想定区域図について

ここから本文です。

更新日:2020年6月5日

伊那建設事務所

浸水想定区域図について

浸水想定区域図を策定しました

浸水想定区域図とは

浸水想定区域図とは、洪水で河川が氾濫した場合にどのように浸水するかについて、その浸水の区域を浸水の深さごとに色分けして地図上に示した図面です。これは市町村が作成する洪水ハザードマップの基礎資料として、地域住民の皆様が自分の住居や職場などがある地域の浸水状況(危険度)を確認したり、洪水時に自ら安全な場所に避難したりする際にも活用されます。

 

想定最大規模の浸水想定区域図を策定しました

沢川において、1000年に1回程度の降雨(1年間にその規模を越える洪水が発生する確率が1/1000程度)に対応する浸水想定区域図を新たに策定しました。

 

策定済みの浸水想定区域図

伊那建設事務所管内における下記23河川で、100年に1回程度の降雨(1年間にその規模を越える洪水が発生する確率が1/100程度)に対応する浸水想定区域図を策定済みです。下記リンク先、市町村ハザードマップ作成支援河川欄より確認できます。

 (策定済み河川)

 天竜川、小沢川、大沢川、竹松川、小黒川、大清水川、大泉川、棚沢川、鼠川、七面川、田沢川、古田切川、精進川

 上穂沢川、駒沢川、横川川、小横川川、小野川、沢底川、桑沢川、深沢川、帯無川、沢川

 

 

 

お問い合わせ

所属課室:長野県伊那建設事務所整備課

長野県伊那市荒井3497

電話番号:0265-76-6848

ファックス番号:0265-76-6850

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?