ホーム > 防災・安全 > 原子力災害 > 放射線等に関する情報 > 県内産野生きのこ類及び原木栽培きのこ等の放射性物質検査及び野生きのこの情報 > 野生きのこ類及び原木栽培きのこ等のスクリーニング調査結果(平成28年度)

ここから本文です。

更新日:2018年9月18日

野生きのこ類及び原木栽培きのこ等のスクリーニング調査結果(平成28年度)

平成28年度、野生きのこ類及び原木栽培きのこ等の検査を行った下表の検体は不検出でした。
(「不検出」とは、放射性セシウム134・137の合計が測定下限値25Bq/kgを下回ったことを示します)

引き続き、県民の皆様に安心していただけるよう、きのこの発生状況等を見ながら、随時検査を実施し、公表してまいります。

公表日

検査日

検査No.

検体

放射性セシウム

採取場所

採取日

検査機関

11月11日

11月10日

28-信-原な-1

ナメコ
(原木・露地)

不検出

栄村

11月1日

林業総合センター

10月17日

10月14日

28-諏-原し-1

シイタケ
(原木・ハウス)

不検出

岡谷市

10月12日

林業総合センター

 

検査機器

CsI超高感度シンチレーション検出器
本検査機器は、多数の試料を効率よく検査するため、放射性セシウム濃度が基準値よりも確実に低い検体を判別する簡易な検出器です。

検査機関

長野県林業総合センター(塩尻市)

 

お問い合わせ

林務部信州の木活用課

電話番号:026-235-7267

ファックス:026-235-7364

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?