ホーム > 北信保健福祉事務所 > 食品の安全・安心 > 食中毒予防の3原則

ここから本文です。

更新日:2020年3月10日

北信保健福祉事務所

食中毒予防の3原則

食中毒の原因を知って予防に努めましょう!!

(1)清潔

  • 食品が清潔であるためには、原材料、場所(施設・設備)、器具・容器包装、取り扱う人(手洗い、健康、服装などの習慣)、取り扱い(加工・調理)など、食品を取り巻く全てが清潔でなければなりません。

(2)迅速

  • 細菌が食品についても、増える時間がなければ食中毒になりません。そのため、調理した食品は速やかに提供することが必要です。

(3)温度管理(冷却または加熱)

  • 細菌が増えるためには、生育に適した温度が必要です。食品の保存は、5℃以下にして細菌を増殖させないことが大切です。
  • 調理の際には中心部まで十分に加熱して細菌を殺してしまうことが大切です。

 

食中毒関係情報

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:長野県北信保健福祉事務所食品・生活衛生課

長野県飯山市大字静間1340-1

電話番号:0269-62-3106

ファックス番号:0269-62-6036

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?