ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 「県民ホットライン」過去のデータ(月別) > 「県民ホットライン」2020年10月分(月別) > 新型コロナウイルス感染症の感染者情報の公表について

ここから本文です。

更新日:2020年11月30日

新型コロナウイルス感染症の感染者情報の公表について

ご意見(2020年10月27日受付:Eメール)

新型コロナウイルスの陽性となった方々を公表していますが、その中に行動歴が記載してあるものがあります。
(例)○月○日に首都圏へ行き食事をした。等
このような行動歴の公表に何の意味があるのでしょうか?まったく生産性のない情報と思われます。
行動歴を県民が知るメリットはなんでしょうか。
むしろ誹謗中傷を助長する一つの要因としか思えないのですが、今後も公表する予定でしょうか。
どこかが年齢も30代とかではなく若年ではない成人のような公表をしてました。その程度で良いと思うのですがいかがでしょうか。
問い合わせ先が保健所等であればそちらに問い合わせますので連絡ください。

回答(2020年11月4日回答)

長野県健康福祉部長の土屋智則と申します。
県民ホットラインにお寄せいただきました、新型コロナウイルス感染症の感染者情報の公表に関するご質問についてお答えいたします。

新型コロナウイルス感染症の感染者が発生した場合には、長野県では、感染症のまん延を防止し、県民の皆様に注意喚起を促すため、感染者の方の個人情報保護についても十分に配慮した上で、必要な情報を公表させていただいております。

感染者の行動歴については、人口当たりの感染者が長野県よりも多い地域との間で、発症2週間前までの期間に往来があった場合などは、県民の皆様への注意喚起のため、その旨を公表しております。
その場合も、往来の目的(出張、旅行など)については、感染症のまん延防止に必ずしも必要な情報ではなく、個人情報保護の観点から、公表しておりません。
なお、それらの地域の関係者との会食により感染するケースが多く見られることから、調査によりそうした事実が明らかとなった事例については、県民の皆様への注意喚起のため、公表の際にその旨を補足して説明する場合があります。

感染者の年齢については、県民の皆様に感染が他人事ではなく身近であることを認識していただくため、感染者の「年代」の情報を公表しております。

県としても、感染者や関係者の方々への誹謗・中傷は、決してあってはならないことと考えており、そうしたことが生じないよう、感染者の公表に当たっては、今後も細心の注意を払って対応してまいります。

以上、ご質問への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、健康福祉政策課長永原龍一、担当:企画調整係までご連絡くださいますようお願い申し上げます。


【問合せ先:健康福祉部健康福祉政策課/企画調整係/電話026-235-7093/メールkenko-fukushi(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

(分野別:保健・医療・福祉)(月別:2020年10月)2020001124

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?