ホーム > 北信発電管理事務所 > 菅平発電所

ここから本文です。

更新日:2021年6月16日

北信発電管理事務所

菅平発電所

菅平発電所は、神川総合開発事業(発電・上水道)として、昭和41年から昭和43年にかけて、菅平ダムとともに建設されたダム水路式発電所です。

菅平ダムで取水した水を、山中にある約4kmのトンネルで導水し、最大出力5,400kWの発電を行っています。

sugadairahatutop

発電所諸元

所在地 上田市真田町 発電方式 ダム水路式
最大出力 5,400kW 水車型式 立軸フランシス水車
最大使用水量 2.40m3/s 発電形式 三相交流同期
最大有効落差 276.05m 運転開始 昭和43年12月

 

sugadairahatsudenki

sugadairasuisya

発電機は地上レベル(建屋1階)にあります。

水車は最大2.4m3/sの水を使い、毎分900回転で回転します。

sugadairatekkann

sugadairahendensyo
菅平ダムから導水された水は、発電所上水槽から約440mの水圧鉄管を使い、水を水車に送ります 6.6kVで発電した電気は、変電設備で77kVまで昇圧し中部電力(株)に売電しています。

 

お知らせ

  • 菅平発電所・菅平ダムでは、平成29年7月22日に、「森と湖に親しむ旬間(7月21日から31日まで)に合わせ、見学会を行いました。

詳しくは、次のページをご覧ください。

・ダム、発電所見学会のページ

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:長野県北信発電管理事務所 

長野県長野市川中島町四ツ屋100

電話番号:026-283-7041

ファックス番号:026-283-7614

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?