ホーム > 北信発電管理事務所 > 湯の瀬ダム

ここから本文です。

更新日:2021年6月16日

北信発電管理事務所

湯の瀬ダム

湯の瀬ダムは、裾花川総合開発事業(治水・発電・上水道)として、昭和41年から昭和44年にかけて、裾花ダム(長野県建設部)、裾花発電所とともに建設された逆調整池用のダムです。

裾花発電所で発電に使用した水をいったん貯留し、発電放流量の変化を抑え、水量を一定にして下流へ流す役割を担っています。

yunosetop

この写真は、ダム放流開始時の写真です。普段は写真の青いゲート3門からの放流は行っていません。

ダム諸元

所在地 長野市入山 ダム形式 コンクリート重力式
堤高 18.0m 堤頂長 140m
総貯水容量 330,000m3/s 堤体積 15,000m3
有効貯水容量 290,000m3/s 用途 上水道(長野市)・発電

 

yunosezen

yunosezyouryuu

裾花発電所の放水口から約下流1.5kmが、湯の瀬ダムの貯留域となります。

3門ある洪水吐ゲートは、裾花ダムが放流の際は全開し、流入水は貯留することなく全量放流となります。

zyouzi

damuca
写真右側から放流しているところが、「常時放流ゲート」です。ダム直下で長野市上水道が取水しています。 湯の瀬ダムでは「ダムカード」を配布しています。配布方法を確認してください。(湯の瀬ダムは無人のダムです。)

 

お問い合わせ

所属課室:長野県北信発電管理事務所 

長野県長野市川中島町四ツ屋100

電話番号:026-283-7041

ファックス番号:026-283-7614

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?