ホーム > 社会基盤 > 上下水道・電気 > 電気 > 長野県の公営電気事業 > 信州の水でつくられた電力を販売する「信州Greenでんき」プロジェクトを開始~環境負荷低減や信州産電力の価値向上に取り組みます~ > セイコーエプソン株式会社が信州Greenでんきを活用し再エネ100%化します。

ここから本文です。

更新日:2022年5月11日

セイコーエプソン株式会社が信州Greenでんきを活用し再エネ100%化します。

セイコーエプソン株式会社は、令和3年4月1日より、長野県企業局の水力発電所の電気を活用した、信州産のCO₂フリー電力「信州Greenでんき」の活用を拡大し、長野県内全ての拠点の使用電力を100%再生可能エネルギーに置き換えます。

取組概要

詳細はセイコーエプソン株式会社様プレスリリースをご覧ください。

エプソン、長野県内全ての拠点の使用電力を100%再生可能エネルギー化-信州産のCO₂フリー電力「信州Greenでんき」を活用-(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

お問い合わせ

企業局 

電話番号:026-235-7371

ファックス:026-235-7388

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?