ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県民ホットライン > 県民ホットライン過去のデータ(月別) > 「県民ホットライン」2021年7月分(月別) > 「誰も取り残さない」ための道路整備について

ここから本文です。

更新日:2021年8月31日

「誰も取り残さない」ための道路整備について

ご意見(2021年7月28日受付:Eメール)

長野県御中
SDGsの基本は「誰も取り残さない」ですが、そのためにどの様に道路を整備するのでしょうか?
長野県の計画には「歩いて暮らせる街」や自転車(サイクリストのことではない)の活用も述べられていますが、「自動車専用道路ではないにも拘らず」通れない箇所、安全ではない箇所が至る所にあるのに、その解消に向けての整備は行われていません。
工事箇所でもそれらが無視されたり、かえって悪化させたりしています。
2025年(注)までにはあと4年しかありませんが、どの様になっているのでしょうか?

(注)団塊の世代が75歳以上になるのが2025年であり、運転能力が欠如する人が大量に生まれます。これを2025年問題と呼びます。EV化しても解決しないし、自動運転の前提は道路の整備です。

回答(2021年8月4日回答)

長野県建設部長の田下昌志と申します。
「県民ホットライン」にお寄せいただいた、「誰も取り残さない」ための道路整備、に関するご質問についてお答えいたします。

本県では、長野県総合5か年計画である「しあわせ信州創造プラン2.0」を平成30年に策定しております。この計画の基本目標である、「確かな暮らしが営まれる美しい信州」は、「誰一人取り残さない」という、SDGsの考え方を踏まえるものです。
また、総合計画に関連する個別計画として、時代の要請に応じた道路の整備や活用など、今後10年間のみちづくりの方向性を示す「信州みちビジョン」を同年に策定しており、本ビジョンに位置づけた3つの重点分野に基づき道路整備を行うこととしております。
このうち、重点分野1.『持続可能で快適な暮らしを支えるみちづくり』の方針は、「子どもからお年寄りまで、皆が快適に暮らせる、持続可能な地域を目指す」こととしております。具体的な施策として、「歩きたくなるまちなか道路環境整備」や「歩行者や自転車等が安全に移動できる道路整備」などを進めることとしており、関係する市町村などとも連携を図りながら、順次、整備を推進してまいります。

県では、いただいたご意見も参考にしながら、利用される皆様が安全に通行できるよう、引き続き、道路整備に取り組んでまいりますので、ご理解、ご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

以上、ご質問への回答とさせていただきますが、ご不明な点がございましたら、道路建設課長勝野由拡、担当:計画調整係まで、ご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【問合せ先:建設部/道路建設課/計画調整係/電話026-235-7304/メールmichiken(あっとまーく)pref.nagano.lg.jp】

 

(分野別:まち・みち・かわづくり)(月別:2021年7月)2021000510

 

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?