ホーム > 長野県水産試験場 > 情報提供 > キッズページ(小中学生向け) > ニジマスの話

ここから本文です。

更新日:2014年4月7日

水産試験場

ニジマスの話

 

 ayuko1masuo1  さかな博士、こんにちは。今日は、ニジマスについて勉強に来ました。よろしくお願いしま~す。
 ニジマスって、もともと日本にはいなかったって聞いたんですが、ほんとですか? 
   hakase2

 

 はい、こんにちは。よく来たね。
 そうなんだ、ニジマスはもともとアメリカにいた魚なんだよ。日本に初めて来たのは明治10年(1877年)なんだ。もう130年くらいも昔のことだね。 

   masuo1   ふ~ん、ずいぶん前のことなんですね。
   hakase1

  

 長野県でニジマスが飼われ始めたのは、大正11年(1922年)なんだ。いけすを作ってその中にたくさん魚を入れて、人がエサをやって飼うことを「養殖(ようしょく)」というんだけど、ニジマスという魚は、育てやすいので人工的に育てるるのに向いている魚なんだよ。
 でもね、養殖でたくさんの魚を飼うなんてやったことがなかったから、どういうものをエサにしたらいいか、飼う水の温度はどのくらいがいいのかなど、最初のころはすごく苦労したんだよ。

   ayuko3

  

安曇野市は、わき水が多いからニジマスの養殖が盛んになったんだって、社会科で勉強したわよ。

  hakase3

  

 そうだね、北アルプスの雪解け(ゆきどけ)水が地下にしみこんで犀川の周辺でわきだしているね。このわき水は、すごくきれいで一年を通じて水温が10~15度くらい、水の量もたくさんあってニジマスの養殖に向いているんだ。
 長野県ではニジマス養殖を行っている業者さんがたくさんあって、ニジマスの生産量は約900tと、全国で2番目に多いんだ。なかでも安曇野市は、ニジマスの養殖に適した水温や水質などの環境が整っているので、たくさんの養殖業者さんがいるんだよ。

   masuo3   そうそう、それも社会科で勉強したんだ。生産量1位は静岡県で、3位は山梨県。昔は長野県が1位だったんでしょ。
   hakase1

 

 うん、ニジマスを食べる人が少なくなってきたこともあって、生産量も減っているんだ。
 でもね、ニジマスは、栄養のバランスがとれていて、とてもおいしいし、それに頭がよくなると言われているDHA(ドコサヘキサエン酸)や血液がきれいになると言われているEPA(エイコサペンタエン酸)などの栄養素がアジよりもたくさん含まれているんだよ。

 masuo1ayuko1

  

 頭がよくなるの?!それじゃ、たくさん食べないと。
 うちでは、塩焼きで食べてるわ。

   hakase2

  

  そうだなぁ、塩焼きになるのは120~150gで、実はまだ子どものニジマスなんだよ。
2年目になると体長30~40cmで400gくらい、これくらいだと3枚におろしてバター焼きやムニエルに向いているね。
  3年目は50~60cmで1kgくらいの大人のニジマスになるんだ。そうすると、お刺身や薫製(くんせい)などでおいしく食べられるんだよ。

  ayuko2  3年で50~60cmになるの。ニジマスってどのくらい大きくなるのかなぁ?
   hakase1  6~7年くらいは生きるんだけど、体長1mくらいになるものもあるかな。
 ニジマスには、川を下って海でくらすスチールヘッドという種類があるんだけど、これは寿命が7、8年で体長は1.2mくらいになるんだ。
    ayuko1   ニジマスが海にもいるの?サケみたい。
    hakase2   そうだね、ニジマスにもいろんな種類があるね。大きく分けるとニジマスもサケの仲間なんだ。
 ここの試験場では、試験研究用にニジマスをたくさん飼っているんだよ。
    masuo1   ぼくたちでもニジマスを飼うこと、できますか?
  hakase3   そうだなぁ、ある程度大きな池ときれいで冷たい水がたくさん必要だね。
 阿智村の阿智第三小学校では、授業の一つとして学校の近くの池でニジマスを飼っているそうだよ。これには、地域の大人の人たちも一緒になって取り組んでいるんだ。
    ayuko1   へぇ~、みんなでニジマスを飼うのって楽しそう。
  hakase1

  ニジマスは、3年目の秋から冬にかけて卵を産むんだ。一匹の親からだいたい3,000個くらいの卵がとれるんだよ。

 20日くらいたつと卵の中に目ができてくるんだ。これは「発眼卵(はつがんらん)」っていうんだよ。 

sairan hatugan
     それから15日くらいすると、おなかに袋をつけたニジマスの赤ちゃんが産まれるんだ。この赤ちゃんのことを「仔魚(しぎょ)」っていうんだけど、仔魚はおなかの袋の栄養分だけで育っていくんだよ。
   ayuko1

 わぁ~、ちっちゃくてかわいいなぁ。

sigyo
    hakase2   それから、さらに30日くらいするとおなかの袋がなくなって、エサを食べるようになるんだ。この大きさになったものを「稚魚(ちぎょ)」っていうんだよ。
エサは、イワシなどの魚の粉と小麦粉、ビタミン、ミネラルなどを混ぜて作ったものなんだ。
 稚魚のときは、体に小判型の模様があるんだけど、大きくなると消えてしまい、体全体に黒い点ができて体の横に赤っぽい模様ができるんだよ。
tigyo
 

 向こうの池にニジマスがいるから、エサをやってみようか。

 masuo1ayuko1   うわぁ、ちっちゃいのがいっぱいいるね。なんか黒いかたまりみたいだ。
 水面に出てきて、ばしゃばしゃしてるわ。すごいいきおいでエサをたべてる!
niji
   hakase2  これは、元気良く育ってもう半年くらいたつんだけど、体長が15cmくらいだね。あっちの池には1年半くらいたって、もう少し大きくなったニジマスがいるんだ。エサもニジマスの成長にあわせて、大きさや量を変えているんだよ。
   masuo1  この池のは、もっと大きいね。スーパーなんかで見るのより、すごいなぁ。
 hakase3  これは、3年たった大人のニジマスだね。この秋、卵を産むんだよ。
 ニジマスは、元気良く泳いで、エサに食いつくのも早いし、力も強いので、釣り堀などでは人気があるんだ。
ayuko1masuo1

 

 ニジマスのこと、いろいろ勉強になりました。ありがとうございました。
 栄養があって、頭が良くなるニジマスをいっぱい食べようぉっと。

 

お問い合わせ

所属課室:長野県水産試験場 

長野県安曇野市明科中川手2871

電話番号:0263-62-2281

ファックス番号:0263-81-2020

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?