ホーム > 県政情報・統計 > 県概要 > 知事の部屋 > 知事会見(動画とテキストでご覧になれます) > 2010年度知事会見録一覧(9月~2011年3月) > 副知事会見2011年3月11日

ここから本文です。

更新日:2019年1月5日

副知事会見(平成23年(2011年)3月11日(金曜日) 15時55分~16時10分 県庁:会見場)

項目

加藤副知事からの説明

  1. 副知事就任にあたって

取材者からの質問

  1. 副知事就任の経緯について
  2. 副知事就任にあたって(1)
  3. 長野県の印象について
  4. 県外出身であることの議論について
  5. 副知事就任にあたって(2)
  6. 以前の経歴について
  7. 県の管理職の男女比について
  8. 子どもについての問題意識について
  9. 阿部知事の印象について
  10. 副知事就任にあたって(3)
  11. 旧姓使用について
  12. 副知事就任にあたって(4) 他

本文

加藤副知事からの説明

1 副知事就任にあたって

長野県副知事 加藤さゆり
 先程、阿部知事から副知事に任命をされました加藤さゆりと申します。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 私はこれまで約25年間、地域婦人会「地婦連」という組織で仕事をし、さらには内閣府の男女共同参画会議の議員をはじめとして政府のさまざまな審議会等にも参加をさせていただいてまいりました。さらに最近では消費者庁の参事官として勤務をしてきたところでございます。今後、阿部知事が目指されていらっしゃる新しい長野県づくりにこれまでの私のこうした経験を生かしながら力を尽くしてまいりたいと考えております。ただ、私自治体での仕事、これが初めてでございます。何かと行き届かないところもあるかもしれませんけれども、どうぞ皆様方のご協力ご支援を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。
 私からは以上でございます。

ページの先頭へ戻る

取材者からの質問

1 副知事就任の経緯について

信濃毎日新聞 岩間基樹 氏
 今日就任されて改めてなんですが、お引き受けになった経緯とそれからどういったところで気持ちを整理されて長野へ行ってみようとご決断されたか、差し支えない範囲で結構ですのでお聞かせいただけたらと思いますけど。

長野県副知事 加藤さゆり
 経緯については、知事から昨年の暮れあたりにお誘いをいただきました。それからしばらく考えさせていただいてお引き受けを致しました。

ページの先頭へ戻る

2 副知事就任にあたって(1)

信濃毎日新聞 岩間基樹 氏
 これまでの経歴等も踏まえてということになると思いますけれども、副知事として初めて臨まれる中で具体的というとなかなか難しいと思いますが、こういったジャンルというかこの分野だったら自分としての力を生かせるとかここをやってみたいとかそういった抱負みたいな部分はございますか。現時点で。

長野県副知事 加藤さゆり
 民間での仕事では男女共同参画や消費者問題に限らず、子どもの問題ですとか環境ですかと非常に幅広いテーマが仕事の内容でございましたので、これから長野県で仕事をする上でもこれまでのこうした経験をいろいろな分野に生かしていけるのではないかと考えているところでございます。

ページの先頭へ戻る

3 長野県の印象について

信濃毎日新聞 岩間基樹 氏
 あとすみません、長野にお住まいになることになると思うんですけれども、初めてではないかと思うんですが、ちょっと柔らかいところで長野の持たれた印象等々あったらお願いしたいんですが。

長野県副知事 加藤さゆり
 実は私は群馬の草津町の出身でございます。余談でございますけれども、3歳のときからスキーを履いて過ごしてまいりました。冬になりますと志賀草津高原ルートというのは閉鎖されてしまいます。そうすると志賀高原の向こうにどんな人々が暮らして、どんな町があるのだろうかというのは子どもの頃から憧れてきたところでございますし、長じてからも、一旅行者ではございますけれどいろいろな地域を旅をしてまいりましたので、その憧れの地に赴任をすることができて大変光栄に存じているところでございます。

信濃毎日新聞 岩間基樹 氏
 ありがとうございます。

ページの先頭へ戻る

4 県外出身であることの議論について

中日新聞 大平樹 氏
 県会での議論でですね、なぜ長野県内の人じゃないのかというような議論もあったわけです。その辺、県外の方としてそういうご意見というのはどういうふうに受け止められますか。

長野県副知事 加藤さゆり
 県内の方がそうお思いになるのは、私は当然のお気持ちだろうと思います。ただ、私は長野県のために精一杯力を尽くしてまいりたいと今は考えているところでございます。

ページの先頭へ戻る

5 副知事就任にあたって(2)

中日新聞 大平樹 氏
 あとですね、言ってみれば縁もゆかりもない土地であるわけで、長野県というところをどの程度ご存じなのかというのもまだ分からないんですけれども、例えば課題というかですね、どういうところ、何から手をつけようと思ってらっしゃるか。

長野県副知事 加藤さゆり
 本日、先程任命を受けたばかりで就任したばかりでございますので、週明けからいろいろ県政上のことについてもご説明を受けた上で、そのあたりも整理をしていきたいと考えております。

中日新聞 大平樹 氏
 まだ、特に事前の説明というのは本当に、全くゼロということなんでしょうか。

長野県副知事 加藤さゆり
 そうですね。

中日新聞 大平樹 氏
 分かりました。ありがとうございました。

ページの先頭へ戻る

6 以前の経歴について

信濃毎日新聞 古志野拓史 氏
 ご経歴で全国地域婦人団体連絡協議会というところで、長らくお勤めでいらっしゃったということで、経歴の範囲内では伺っているんですけれども、具体的にどんなお仕事でもって、女性の皆さんを引っ張っていらっしゃったか、若干もう少し伺いたいのが1点お願いします。

長野県副知事 加藤さゆり
 いろいろな地域に全国地域婦人会、長野県にもございますけれども、地域婦人会という組織がございます。
 私が所属をしておりましたのは、その全国組織でございまして、名称は非常に長うございますけれども、今ご紹介をいただいた名称でございますけれども、そこで最終的には事務局長として仕事をしてまいりましたけれども、地域婦人会の社会教育関係団体として、非常に幅広いテーマを活動のテーマとして取り組んでおりますので、冒頭申し上げましたように、男女共同参画はございますし、それから消費者問題にも取り組みますし、子どもや環境や食の安全、さらには北方領土の返還要求運動というようなことも、仕事の一つでございました。

ページの先頭へ戻る

7 県の管理職の男女比について

信濃毎日新聞 古志野拓史 氏
 あとですね、男女共同っていう観点で、ちなみに長野県庁の中で課長級以上の職員さんというのが、今19人でいらっしゃって、全一般職に占める割合が3.28パーセントというふうにちょっと伺ってきたんですけども、この数字について、率直に今、どんなご感想を持たれるかなと思って。

長野県副知事 加藤さゆり
 そうですね、決して高くはないかなと思います。

ページの先頭へ戻る

8 子どもについての問題意識について

信濃毎日新聞 古志野拓史 氏
 それと、もう1点すみません。ご担当になる分野で、知事の公約である次世代サポート課というところでですね、教育委員会との連携ですとか、今、長野県内の不登校の問題ですとか、学力の問題とか、そういう課題に今向き合っておるんですけども、そういった子どもに関する今問題意識といいますか、学力とか、不登校とか、そういった総合的に子どもについての問題意識というのが伺えればお願いします。

長野県副知事 加藤さゆり
 そのことについても、週明けから長野県の事情を、よく説明を受けた上で、整理をしていきたいと、今考えております。

ページの先頭へ戻る

9 阿部知事の印象について

信濃毎日新聞 古志野拓史 氏
 あと最後に、阿部知事のご印象と言いますか、こういう人だなというところを伺えればお願いしたいんですけども。

長野県副知事 加藤さゆり
 何度もたぶん、皆さんに申し上げているのだろうと思うのですけれども、県民主権の長野県政を作っていきたいということを非常に熱心に言われているかと思いますけれども、ある意味、私が副知事を決断したのも、やはりそういう熱意を非常に感じたからでございます。

ページの先頭へ戻る

10 副知事就任にあたって(3)

テレビ信州(TSB)大和洋介 氏
 長野県政初の女性副知事の誕生ということで、県の世論調査などでも、非常に期待する声が大きいんですが、阿部知事、和田副知事に無い、女性の視点として、どういったところで活躍出来たらなって思いがあるのでしょうか。

長野県副知事 加藤さゆり
 一つは、先程も申し上げましたように、これまでの私の経験、いろいろなところに活かさせていただけるかなと考えております。あとはやはり、県民主権の県政と知事がおっしゃっているわけですけれども、私は女性が元気な長野県、それから女性の力でより良い長野県を作るといったこういったことも、ぜひ頑張って取り組んでいきたいと考えているところございます。

テレビ信州 大和洋介 氏
 ありがとうございました。

ページの先頭へ戻る

11 旧姓使用について

毎日新聞 光田宗義 氏
 知事からも先程説明があったところなんですが、加藤さんというお名前を今後も使っていかれるということで、男女共同参画というような意味でも、何か特別な思いがあって、通称を使っていかれることになるのか、その辺のお考えをちょっとお聞かせ下さい。

長野県副知事 加藤さゆり
 私は地婦連に職を得まして、結婚する前も結婚した後も、加藤さゆりとして、仕事をし、活動をし、それから人的なネットワークを築いてまいりました。こうした積み重ねがいろいろ評価をいただき、政府の重要政策会議に就任し、それから消費者庁の参事官にも就任をしたと理解を致しておりますし、今回副知事にご指名をいただき、任命をされたというのも、これまでの加藤さゆりとしての実績を評価いただいたものと理解をしておりますので、今後につきましても加藤さゆりとして、副知事を務めさせていただきたいと考えているところでございます。

ページの先頭へ戻る

12 副知事就任にあたって(4) 他

鈴木恵美子 氏
 長野市に住みます鈴木恵美子と申します。一般の県民です。最初にですね、先程副知事は、女性が元気な長野県、そして女性の力で作る、そういったことを述べられましたが、具体的にこんなことをしてみたいというものが、もし思い描くことがありましたら教えてください。その実現のためにこんなことがやってみたいなということがありましたら、お願いします。

長野県副知事 加藤さゆり
 いろいろなお取り組みが今も既におありになるのだろうと思います。これまでの先行的な取り組みも含めまして、よくさらに勉強させていただいたうえで、具体的なものを考えていきたいと、今現在考えております。

鈴木恵美子 氏
 ありがとうございます。
 続きましてちょっと個人的なことを伺わせていただきたいと思いますがよろしいでしょうか。3点ございます。
 まずこれで副知事に就任なされまして、お住まいはどのようなかたちになられますでしょうか。2点目です。全く個人的に、プライベートに関することだと思いますが、ご趣味や特技などありましたらまたお聞かせください。3点目です。今後新しく長野県でご生活を始められるわけですけれども、この長野県での新しい生活に期待されることとか、またプライベートなことを含めてですが、楽しみになさっていることがもしおありでしたら、お話を伺わせてください。

長野県副知事 加藤さゆり
 住まいにつきましては、実は県庁から職員宿舎をご紹介いただいたところでございますが、私実は運転を致しませんので、日頃の買い物も含めまして、生活それから駅への行き帰りも含めまして、適当なところがあればと思いましたけれど、なかなか職員宿舎で探すのが難しいかなと思いますので、民間の賃貸マンションをと今現在は考えているところでございます。
 2点目の趣味でございますが、趣味と言っていいのかどうか分かりませんが、気がついたらもうスキーを履いておりましたので、趣味の一つはスキーかなと思います。それから、長野県での新しい生活を通しての期待というのは知事からのご指示でもありますけれども、現場感覚、現場にとにかく出かけるように、県民の声をよくお聴きするようにと言われておりますので、県内各地におじゃまさせていただけることを大変楽しみにしているところでございます。

鈴木恵美子氏
 ありがとうございます。先の知事会見で、知事が副知事の担任事務についてというプレスリリースを配布してくださいましたが、加藤副知事は観光部に関することをご担当されるということになっていますが、これもやはりお小さいことからのスキーということも頭にあって、またお取り組みになりたいということで、このようなご希望もされたということなんでしょうか。やはり、ここには加藤副知事の願いとかご希望が担任事務に表されてるというふうに受け止めてよろしいでしょうか。

長野県副知事 加藤さゆり
 基本的には、知事からのご指示でございますけれども、私も観光でしたらば、ということは申し上げました。

鈴木恵美子氏
 どうもありがとうございました。

長野県知事 加藤さゆり
 どうもありがとうございました。よろしくお願い申し上げます。

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?