ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 県政タウンミーティング > 県政タウンミーティング開催データ > 平成26年11月29日に開催した県政タウンミーティングについて

ここから本文です。

更新日:2015年1月20日

平成26年11月29日に開催した県政タウンミーティングについて

開催概要

1 基本情報
 開催日時 平成26年11月29日(土曜日) 17時30分から19時30分まで
 場所    白馬村多目的研修集会施設(北安曇郡白馬村)
 参加者   80人

2 意見交換
 (1) テーマ 「地域の復興に向けて」
 (2) ファシリテーター(進行役)  フリージャーナリスト 内山二郎氏 

会場の様子

 11月22日に発生した長野県神城断層地震からの復興に向けて、被害を受けた地域の皆さんと知事が意見交換を行いました。
 フリージャーナリストの内山二郎さんの進行により、「困っていること・不安なこと・してほしいこと」「自分たちでできること」「将来どういう地域をつくっていきたいか」の3つの質問に対する意見、提案について、付箋紙を使った情報整理法を用いて意見交換を行いました。
 「困っていること・不安なこと・してほしいこと」としては、倒壊した家屋の再建への不安、障がいをお持ちの方などに細かな情報が伝わりづらいこと、来春の農地作付けへの不安、子ども達の心のケアの必要性などの声が上がりました。
 また、「自分たちでできること」としては、被害が少なかった地域の住民から、SNSを使った正確な情報の発信や、お互いに「ずく」を出していこうとの声が上がりました。
 将来の地域像としては、「地域の人たちが一緒に問題を把握しながら考えていくことが大事」「お互いに顔を知っているような地域づくりが必要」との意見がありました。
 知事は「被災された皆様がいろいろな思いで過ごされていることを念頭に置きながら県政を進めていきたい。県議会とも相談し補正予算を追加し、早く対応できるようにする。地域の絆、地域の支え合いを維持できるように最大限応援していく。正直なところ、地域の皆さんでがんばっていただかないといけないこともあるが、皆さんではできない、市町村だけではできないことは、全面的に皆さんの思いを受け止めて対応させていただきたい。」と復興に向けた決意を述べ、会場全体が、安心して暮らし続けることができる地域の復興に向けて、一丸となって取り組んでいこうという雰囲気につつまれました。 

白馬タウン 白馬タウン2
白馬タウン3 白馬タウン4
白馬タウン7  白馬タウン6

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7110

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)